『安倍首相の腹心』自民党の木村太郎衆院議員が膵臓がんで死去 補選に合わせ解散説

記事まとめ

  • 自民党の木村太郎衆院議員が膵臓がんのため、52歳の若さで死去した
  • 木村氏は第2次安倍内閣が発足した12年12月から15年10月まで、首相補佐官を務めた
  • 自民党内に急速に広がっているのが、「補選に合わせて解散・総選挙」という観測

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております