稲田氏辞任会見でも失言 今度は安倍首相の虚偽答弁に発展

稲田防衛相辞任会見で失言か

稲田氏辞任会見でも失言 今度は安倍首相の虚偽答弁に発展

稲田氏辞任会見でも失言 今度は安倍首相の虚偽答弁に発展

28日、辞任会見をする稲田防衛相(右は国会で答弁する安倍首相)/(C)日刊ゲンダイ

 辞任会見でも、またやらかした。稲田防衛相は記者から辞任を決めたタイミングを問われると、「かねてより総理と相談してきた。そのつど、そのつど自分の気持ちを伝えてきた」と答えた。

 辞任の相談をしてきたのなら、安倍首相に「その原因」も説明しなければ不自然だ。稲田防衛相は日報問題を巡る監督責任を取って辞めるわけだが、日報問題について安倍首相は、特別防衛監察の実施中であることを理由に「一切、報告を受けていない」と国会で繰り返し答弁してきた。

 辞任を相談していたなら、安倍首相にも日報問題を詳細に説明したのではないか。だとすれば、安倍首相の国会答弁は虚偽にあたる――。

 記者団がそう繰り返しても、稲田防衛相は目を泳がせながら「漠然と相談してきた」とゴマカし続けた。この人の失言癖は一生直らない。



関連記事(外部サイト)