安倍首相また“口先”印象操作 「加計氏は国会招致応じる」

安倍首相また“口先”印象操作 「加計氏は国会招致応じる」

こういう時だけ雄弁(C)日刊ゲンダイ

 結局、“誠実”なのは口先だけだ。安倍晋三首相は4日の日本テレビの番組で、“腹心の友”学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長の国会招致に関連して、「国会が決めれば、彼の性格からいって誠意を持って対応していくだろう」と招致に応じるとの見通しを語った。

 しかし、あくまで「国会が決めれば」という前提付きで、招致を与党に指示する気があるかというと、「国会の委員会の運営はあくまで委員会が決める」と逃げを打っている。森友問題で、籠池泰典前理事長が反旗を翻すと、自民党議員をたき付けて、いきなり証人喚問に引きずり出したことを考えれば、やる気がまったくないのは明白だ。

 稲田朋美元防衛相の日報問題を巡る閉会中審査への招致にしても同じ。安倍首相は同番組で「国会に求められれば、国会議員として誠実に対応すると思う」と語り、稲田氏招致が実現するかのような印象をにおわせた。しかしこれも言葉だけ。この日、自民党は民進党との協議で稲田氏招致を改めて拒否し、安倍首相も同番組で「閉会中審査では小野寺五典防衛相が答弁する」と自民党の決定を追認している。

関連記事(外部サイト)