違法献金を隠蔽工作 加藤厚労相に日本医師会と“癒着疑惑”

加藤勝信・厚労相が違法献金を隠蔽工作か 医師連の収支報告書に“隠滅”を図った形跡

記事まとめ

  • 改造内閣で日本医師連盟からの違法献金疑惑がくすぶる加藤勝信氏が厚労相に抜擢された
  • 昨年、日刊ゲンダイに疑惑を報道されたが加藤事務所と医師連は取材をことごとく無視
  • 医師連の収支報告書は、報道された後に慌てて“隠滅”を図った形跡がうかがえるという

違法献金を隠蔽工作 加藤厚労相に日本医師会と“癒着疑惑”

違法献金を隠蔽工作 加藤厚労相に日本医師会と“癒着疑惑”

疑惑がくすぶる中での厚労相就任(C)日刊ゲンダイ

 改造したばかりの安倍内閣に疑念ありだ。閣内横滑りの加藤勝信厚労相は、自ら事務局長を務める団体が「日本医師連盟」から違法な献金を受けた疑惑がくすぶり続けているにもかかわらず抜擢された。はたして医療行政を所管する厚生労働省のトップとしてふさわしいのか――。

 日刊ゲンダイは昨年6月22日付で加藤大臣が事務局長を務める議員連盟に政治資金規正法違反の疑いがあることを報じた。疑惑の議連は、診療報酬のプラス改訂を目指し、陳情を行う「国民医療を守る議員の会」。2013年11月8日に設立され、会長は高村正彦副総裁、特別顧問を伊吹文明元衆院議長が務める。発起人には事務局長の加藤大臣のほか、再入閣した上川陽子法相らが名を連ねている。

 怪しいのは「議員の会」と日本医師会とのカネの授受だ。医師会の政治団体「日本医師連盟」の政治資金収支報告書(2013、14年分)によると、13年11月8日に500万円、14年10月17日に100万円の計600万円が、「議員の会」に支出されたと記載されている。「支出を受けた者の氏名」に事務局長の「加藤勝信」の名前があり、加藤大臣の事務所がある永田町の衆院第2議員会館の住所が明記されている。

■政治資金収支報告書をコッソリ訂正

 最大の問題は「議員の会」が総務省にも会館のある東京都選管にも「政治団体」としての届け出をしていないことだ。政治資金規正法は届け出がない団体の寄付金の授受を禁じており、違反すれば、団体の役職員は〈5年以下の禁錮又は100万円以下の罰金〉に問われる。つまり、議連が受け取った600万円の寄付は“違法献金”だった疑いがあり、加藤大臣も刑事責任に問われかねない立場なのだ。

 だからこそ、日刊ゲンダイはこの問題を昨年6月と8月(31日付)の2度にわたり追及してきたのだが、加藤事務所と医師連は取材をことごとく無視。ところが今回、改めて医師連の収支報告書を調べてみると、13年と14年の計600万円分の寄付が記載された箇所が削除されていることが分かった。しかも、訂正日は16年9月8日付。日刊ゲンダイが報道した後、慌てて“隠滅”を図った形跡がうかがえる。

 政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授がこう言う。

「常識的に考えれば、同じ寄付先で計600万円にもなる大金を、2年連続で間違って記載するのはいかにも不自然。恐らく、政治団体としての届け出がされていない『議員の会』に寄付をすることが違法と知り、削除したのでしょう。しかし、単に記載を削除すれば済む問題ではありません。『議員の会』は本当に医師連に600万円を返したのか、医師連は返してもらったのか、双方が明らかにしなければならない。とくに、『議員の会』の事務局長を務める加藤厚労相は、厚労行政をつかさどる役所のトップとして、医師連との癒着を疑われないためにも国民にしっかり説明すべきです」

 日刊ゲンダイは改めて加藤事務所、医師連に質問書を送ったが、またしても期日までに回答はなかった。

 この疑惑を承知の上で、加藤大臣を厚労相に就けたのか。だとしたら、加計問題で「行政が歪められた」可能性が批判されているのに、安倍首相は全く反省していない。

関連記事(外部サイト)