二足のわらじ務まるのか 豊田議員の新政策秘書に疑問の声

豊田真由子衆院議員の新たな政策秘書の勤務実態に怪しさも 二足のわらじを危惧する声

記事まとめ

  • 豊田真由子衆院議員の新たな政策秘書に決まった、青森県板柳町の現職町議の松森俊逸氏
  • 松森氏は国会事務所には顔を出しているようだが、勤務実態には怪しさが残るという
  • 松森氏の妻は豊田議員の公設第1秘書で、二足のわらじを危惧する声もあがっている

二足のわらじ務まるのか 豊田議員の新政策秘書に疑問の声

二足のわらじ務まるのか 豊田議員の新政策秘書に疑問の声

数々の疑問(C)共同通信社

「このハゲー!」の絶叫とともに姿を消した豊田真由子衆院議員(42)の新たな政策秘書に決まったのが、青森県板柳町の現職町議の松森俊逸氏(61)だ。妻は豊田議員の公設第1秘書。松森氏は9日板柳町議会で会見し、「妻に頼まれて政策秘書になった」と説明し、産経新聞の取材には「現在は(豊田議員の)国会事務所で電話番をしている」とも語っていた。

 永田町で電話番をしているのに、地元の青森で会見とは奇っ怪だ。本当に電話番をしているのか――。豊田議員の国会事務所に電話すると、女性秘書が「事情がよく分からない」と断った上でこう話してくれた。

「松森さんとは何度かお会いしましたが、勤務のことは知りません。今後は豊田議員の地元事務所(埼玉)と国会事務所を行き来するのではないでしょうか」

 事務所には顔を出しているようだが、勤務実態には怪しさが残る。

 松森氏は2016年から町議を務めている。議会には保守系会派が2つあり、町議11人のうち、彼だけが会派に属していない。

「一匹狼みたいな存在で、仲間もいない感じ。ただ、議会では1時間くらいしゃべっています。内容? ああしたこうしたと言ってるけど、覚えてないなぁ」(ある町議)

 二足のわらじを危惧する声がある一方で、地元関係者からこんな話を聞いた。

「奥さんと離れて青森で暮らしてるようで、よく定食屋で1000円の焼き魚定食を食べてるのを見かけます。実家で母と2人暮らし。母は80歳過ぎで病気を抱え、ヘルパーに来てもらってるとか。町議会は9月4日まで休会だけど、病気の母を置いて東京の仕事に専念できるのでしょうか」

 それはともかく、肝心の豊田議員本人はどこにいるのか。

「あれから国会には来てないし、どこにいるかは私も知りません。私がスマホに電話してもつながらないし、メールやラインをしても返事がこないのです」(前出の秘書)

 松森氏の独特のヘアスタイルを見るにつけ、「このハゲー!」と罵声を浴びないかが心配になってくる。

関連記事(外部サイト)