米朝関係が緊迫する中で、小野寺防衛相など安倍政権は「存立危機事態」を自作自演か

記事まとめ

  • グアム周辺に新型弾道ミサイルを撃ち込む案を表明した北朝鮮に、トランプ大統領は怒り
  • そんな米朝に対し、安倍政権は積極的に“参戦”する姿勢を見せているという
  • 佐藤正久氏に、インパール作戦を指揮した旧日本軍の牟田口廉也中将とソックリと指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております