米国で「北朝鮮の核容認論」浮上か インドやパキスタンと同じ扱いの方が得策との声

記事まとめ

  • アメリカで、北朝鮮の核保有を認める“容認論”が急浮上しているとのこと
  • オバマ政権の大統領補佐官だったスーザン・ライス氏は北の核保有はやむ得ずの立場
  • 今ある核の保有は認め、これ以上の開発を凍結させ、厳しく管理させた方が得策との声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております