豊洲市場の追加工事の入札不調相次ぐ 東京五輪を『人質』にしたゼネコンの条件闘争か

記事まとめ

  • 豊洲市場地下の土壌汚染の追加工事の入札が、9月から計9件で2件しか落札されていない
  • 小池百合子知事は入札契約制度を改革したが、それによって追い込まれた形だという
  • また、この件は東京五輪を『人質』にしたゼネコンの条件闘争との推測も出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております