北朝鮮がICBMの「火星15」発射 窮地のドナルド・トランプ米大統領が暴発の恐れも

記事まとめ

  • 全米を射程に収める新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星15」を北朝鮮が発射した
  • トランプ米大統領は金正恩氏を「リトル・ロケットマン」と呼び「病気の子犬だ」と口撃
  • 「ロシアゲート」捜査でトランプ氏は窮地、北に軍事オプションを選択する恐れもある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております