「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

(昭恵夫人本人のフェイスブックから)

3000万円(2014年)から5200万円(18年)に膨れ上がった首相主催の「桜を見る会」の経費。果たして理由は参加者の激増だけだったのか――。安倍夫妻の“お友達”が、おいしい受注をしていた疑いが浮上している。

 安倍政権発足後、「見る会」は7回行われ、「飲食物提供業務」は、すべて「ジェーシー・コムサ」という外食・宅配業者が受注している。

 実は、社長の弟で同社の取締役であるA氏は、安倍夫妻と“昵懇”の関係とみられている。

 昭恵夫人のフェイスブックには、判明しているだけでA氏とみられる人物が2回登場する。14年2月と12月の「夕食」の投稿写真には、安倍夫妻の後ろに笑顔のA氏らしき男性が写っている(写真)。

 現職の総理夫妻と2回もディナーを共にするのは、よほど親しい関係でなければ難しいのではないか。

 “見る会ビジネス”で、コムサは着実に売り上げを伸ばしている。別表の通り、「飲食物提供業務」の契約額は、参加人数の増加に合わせてうなぎ上り。目を疑うのが1人当たりの単価だ。13年は810円だったのに、近年は1200円台と5割も増えている。参加人数が増えれば、むしろ1人当たりの単価は下落してもいいはずだが、コムサは「毎年、内容は変えています。単価をつり上げているつもりはありません」(担当役員)と答えた。

■コムサ1社が入札し落札

 どうやら、1人当たりの単価が膨張した原因は、入札方法にあるらしい。

「一般競争入札ではなく、企画提案型入札で行われています。内容とあわせて“金額”も業者側が提案するのです。複数業者がいれば、価格は抑制的になるのですが、桜を見る会の飲食物提供業務の入札は、15年と17年にコムサ以外の会社が参加しただけで、コムサ1社が入札し、落札を続けています。競争原理が働かない中での提案型入札は、業者の言い値を追認せざるを得ないのです」(政界関係者)

 いったい、安倍夫妻とコムサのA氏はどのような関係なのか。もし、首相主催のイベントの「飲食物提供業務」を受注しているコムサの取締役が、夕食をおごるようなことがあれば、贈収賄にもなりかねない。

 安倍夫妻とA氏との関係、食事代の負担について、コムサに問い合わせると「関係はわかりません。夕食はプライベートでやっていること。会社ではなく、個人で支払っているものなので調べようがありません」(前出の担当役員)と回答した。安倍事務所は、A氏との関係について期限までに回答しなかった。

 桜を見る会の闇は深い。

関連記事(外部サイト)