文科相が厳重抗議 ベネッセが共通テスト採点を営業に利用

文科相が厳重抗議 ベネッセが共通テスト採点を営業に利用

ベネッセコーポレーション本社(C)日刊ゲンダイ

ベネッセコーポレーションによる「共通テスト」の営業利用が明らかになった。

 来年度から始まる大学入学共通テストの記述式問題では、ベネッセの関連会社「学力評価研究機構」が採点を請け負っている。

 ベネッセは2017年度に実施された共通テストの試行調査でも採点基準の作成などの助言事業を受注。17年9月に高校関係者向けに開いた会合の配布資料でその事実を示し、自社の「進研模試」が「入試改革に対応した出題」であることなどをうたっていた。20日の衆院文科委員会の城井崇議員(国民民主党)の質問で明らかになった。

 萩生田文科相は、「採点業務の中立性、信頼性に疑念を招く」として、ベネッセに厳重抗議し、是正を促すとしたが、ベネッセとズブズブの関係の文科省なのに、どの口で言うのか。

関連記事(外部サイト)