名簿データは8週間バックアップ「桜を見る会」の露骨な隠蔽工作はっきり

名簿データは8週間バックアップ「桜を見る会」の露骨な隠蔽工作はっきり

各府省庁はきちんと推薦名簿を残している(C)共同通信社

「予定通り廃棄したもので、野党議員からの資料要求とは全く無関係」

「桜を見る会」の招待者名簿廃棄について、2日の参院本会議でこう断言した安倍首相。菅官房長官は安倍首相の答弁について「さまざまな質問に丁寧に答えた」と評価したが、とんでもない。説明を精査すると露骨な隠蔽工作が透けて見えるからだ。

 内閣府によると、「桜を見る会」の電子データは、紙を廃棄した5月9日の前後、同7〜9日に削除された。共産党の宮本徹衆院議員が「桜を見る会」に関する資料を要求したのと同時期だったため、「わざとではないか」と問題視されている。

 安倍首相は本会議で隠蔽の意図を否定。内閣府に導入されているデータ管理システム「シンクライアント方式」を理由に「バックアップの保存期間を終えた後のデータは復元不可能」と明言した。

 だが、「シンクライアント方式」のバックアップ期間は最大で8週間。つまり、宮本氏が資料を要求した時点ではバックアップデータが残っていたのだ。にもかかわらず、内閣府は5月21日に衆院財務金融委員会で「(桜を見る会の)資料が残っていない」とスットボケ、招待者名簿について「もう既に開催が終わったので破棄した」と、まだ存在していた資料を「ない」と言い張っていたのだから悪質だ。

 資料廃棄が「資料要求と無関係」ならば、「隠している」との疑念を持たれないように宮本氏にバックアップデータを復元させて提示すればよかったはず。「破棄した」とシラを切ったのは絶対に桜の資料を表に出したくなかったからに違いない。

■「国民を欺く行為」

 あらためて宮本氏がこう憤る。

「内閣府は電子データの管理について説明すればするほど、墓穴を掘っています。いったい何のためにバックアップしているのでしょうか。『破棄した』と答弁した時点で、招待者名簿や推薦依頼文書のデータが残っていたのだから、出せない理由はありません。真相を闇に葬ろうとしたということでしょう。国会を欺く行為ですよ」

 内閣府はとうとう、3日の野党ヒアリングで「バックアップデータが公文書なのかどうか」とトンデモ発言まで繰り出した。

 こんな詭弁がまかり通るなら、政府内で保管されている資料は紙媒体以外、公文書でなくなってしまう。データを廃棄したとウソをついても平気の平左――。安倍政権はどこまでこの国を劣化させれば気が済むのか。

関連記事(外部サイト)