立民・初鹿衆議わいせつ送検でよぎる…自民・田畑元議員は今何を?

立民・初鹿衆議わいせつ送検でよぎる…自民・田畑元議員は今何を?

どこへ消えた?(田畑毅元衆院議員)/(C)日刊ゲンダイ

「捜査に全面的に協力している。お騒がせし、おわび申し上げる」――。立憲民主党の初鹿明博衆院議員が17日、4年前にタクシー内で知人女性にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で書類送検されたことを謝罪。国会議員がわいせつ行為の嫌疑をかけられるなど言語道断だが、改めて気になるのは女性への性的暴行で今年3月に議員辞職した自民党の田畑毅元衆院議員の行方だ。

 田畑氏は早大法卒、日銀出身の経歴の持ち主。2012年の衆院選で初当選した「魔の3回生」だった。

 元交際相手の20代女性が今年2月、田畑氏を準強制性交の疑いで愛知県警に告訴。その後、寝ている女性を中出しレイプしたり、その様子をスマホで撮影したりするなど、鬼畜とも言うべき所業が週刊誌などで暴かれた。

 田畑氏は4月に準強制性交と軽犯罪法違反(のぞき見)の疑いで書類送検され、7月に不起訴となったが、今もダンマリを決め込んだまま。水曜ゴールデンのテレ朝番組じゃないが、選挙区だった愛知2区(名古屋市)の政界関係者からは「あいつ今、何してる?」との声が出ている。愛知県議のひとりがこう明かす。

「田畑氏からは事件発覚直後から今まで、地元の市議や県議、支援者に謝罪すらありません。今年3、4月は名古屋市内をウロウロしていたようですが、現在、本人や秘書がどこにいるのか見当もつきませんね。どこでどのような生活をしているのか、気にはなります」

 地元から聞こえてくるのは、消息を絶った田畑氏に対するため息だ。別の県議はこう指摘する。

「酒を飲むと乱れると評判でした。一連の問題で県民や市民の信用を失っているので、もう県内には居られないでしょう。出身地である埼玉県に戻ったという話もあります」

 ほとんど失踪に近いが、どこで何をしているのか。本人の携帯電話にかけると、「ただ今電話に出ることができません」とのメッセージが流れるだけ。留守番電話にすらつながらなかった。

 はたして反省しているのか。

関連記事(外部サイト)