安倍首相「お膝元」は“私物化天国” 地元・山口に5つの疑惑

安倍首相「お膝元」は“私物化天国” 地元・山口に5つの疑惑

「桜」疑惑を徹底隠蔽の安倍首相(C)日刊ゲンダイ

国会閉会後も次から次へと疑惑が噴出する「桜を見る会」。悪徳企業「ジャパンライフ」の元会長を招待した理由や、前夜祭の実態は安倍政権の“隠蔽”で闇に包まれたままだ。焦点は、安倍首相や自民党幹部が大勢の後援会関係者を招いた「私物化」だが、やりたい放題なのは「桜」だけではない。安倍首相のお膝元、山口県内は“私物化天国”になっているのだ。

 桜を見る会の全容を知る鍵となるのは招待者名簿。取りまとめ役の内閣府と内閣官房の“隠蔽”工作は徹底している。17日の閣議で、政府は今年開催分の招待者名簿について、「内閣府と内閣官房は文書による決裁を行っていない」との答弁書を決定。各省庁は推薦者に関する文書を幹部が決裁していたのに、内閣府と内閣官房だけ「文書決裁なし」とは、にわかには信じがたい。

 なりふり構わぬ「追及逃れ」は許しがたいが、安倍首相の地元、山口県内はさらにヒドい。まるで“無法地帯”である。安倍関連の私物化を別表にまとめた。

 目下、下関市議会で炎上しているのが、安倍側近の前田晋太郎市長による「大学私物化」疑惑だ。経済学部のみの単科大である下関市立大で5月末、突如として湧いた「特別支援教育特別専攻科」の新設。学内の正式手続きを経ることなく、3教員の採用人事まで決まったことに、教員の9割超が反対する異常事態になっている。この計画を主導したのが、安倍首相の秘書だった前田市長との疑いが浮上している。

イエスマン首長が推進

 同問題を巡る13日開催のシンポジウムにパネリストとして参加した郷原信郎弁護士は16日、〈市立大学を、安倍首相直系の政治勢力による“大学支配”から守り抜く〉とツイート。地元では、官邸周辺の関与を示唆する怪文書も飛び交っている状況だ。

 それだけじゃない。下関市の補助金を受領している地元の「下関観光コンベンション協会」が作製した安倍首相の等身大パネルが市内各所に設置されている問題もある。協会会長は安倍の後援会幹部で、公選法違反の恐れもある。

 加えて、党幹部が猛プッシュした「下関北九州道路」の建設事業。塚田一郎・元国交副大臣の「忖度」発言で、「安倍・麻生道路」と批判を浴びた巨大公共事業だ。

 日刊ゲンダイは3日付で、山口県の公共事業が民主党政権時の2012年に比べ、16年には3倍に増したことを指摘。「桜」同様、安倍首相の地元でも私物化がはびこっているのだ。山口県内で取材するジャーナリストの横田一氏はこう言う。

「福岡と山口を結ぶ北九州道路は、下関市から鳥取方面に延びる『山陰自動車道』につながり、整備費は計7000億円にも上ります。安倍首相が『必ず造る』と公言しているからか、山陰道は地元で“安倍道路”と呼ばれている。イエスマンの村岡嗣政・山口県知事も賛同し、事業を強く推進しています。前田市長については、市立大人事を巡って『私物化』批判が強まっている。地元の首長を通じて、首相のやりたい放題が当たり前の状況になっていることがうかがえます」

「桜」のみならず、安倍首相の地元での“私物化天国”を許してはいけない。

関連記事(外部サイト)