安倍首相と番記者の“ごっつあん忘年会” 記念撮影に今年も長蛇

安倍首相と番記者の“ごっつあん忘年会” 記念撮影に今年も長蛇

記者もオトモダチ(C)共同通信社

「官庁御用納め」だった27日、安倍首相が参加していたのが年末恒例の内閣記者会の懇親会だ。「首相番」の記者らとの忘年会である。

 国費で賄われるのが慣例のこの会は第2次安倍政権発足以降、グレードアップ。毎年、有名寿司店の腕利きの板前がトロやイクラを握り、公邸お抱えシェフがとろけるようなローストビーフを切り分けるなど、豪華メシが振る舞われていた。もちろんアルコールも完備。タダ酒タダ飯を大盤振る舞いする“ごっつあん忘年会”なのだ。8回目となった今年はどうだったのか。

「総理が公金で有権者らを接待した『桜を見る会』をめぐる疑惑がくすぶっていることもあり、記者会側が〈時節柄、今年はやめましょう〉と申し入れたのですが、官邸側は〈食事抜きでやろう〉と引かず、結局今年も開催されました」(参加した記者)

 ジュースやビールなど飲み物だけがセットされた官邸地下の大広間には、例年より少なめの200人弱が参集。最初にマイクを握った長谷川栄一首相補佐官が「この会はオフ(オフレコの懇談)なので、くれぐれも取材しないでください」とクギを刺したこともあり、桜疑惑やカジノ汚職に関する質問は全く挙がらなかったという。

■「死期が迫っている」に一瞬ギョッ!

 次に挨拶に立ったのが大トリの安倍首相。新天皇即位や改元、ラグビーW杯成功を一通り喜んだ後、「日本チームには品位と尊重の精神があった。われわれ内閣、自民党も見習いたい」と笑いながら口にし、会場からは失笑が漏れたという。今だけカネだけ自分だけの「オマエが言うか!」というわけである。

「このところ顔色の冴えない総理が〈年々1年が短く感じる。死期が迫っているんじゃないかと思う〉と言ったのには一瞬ギョッとしましたが、例年通りの流れで懇親会は進行し、写真撮影タイムになると総理と菅官房長官の前に長蛇の列ができました」(前出の記者)

 終盤になると、参加した記者らがめいめい、安倍首相や菅長官とツーショットで記念撮影するのがお決まり。いわばハイライトだ。

 中には「令和」と揮毫された色紙を持参して菅長官とフレームに収まる記者や、安倍首相とも菅長官とも握手でポーズを決める記者もいたという。大手メディアの記者たちが官邸に抱き込まれているのがアリアリ。オトモダチのような、なれ合い関係で政権を厳しく追及できるわけがない。嘘デタラメのアベ政治が8年目に突入するわけだ。


関連記事(外部サイト)