米軍がイランの国民的英雄を殺害…報復合戦エスカレートを識者懸念

アメリカがイランの国民的英雄ソレイマニ司令官を殺害 ハメネイ師は「報復」宣言

記事まとめ

  • アメリカ国防総省は、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表
  • 殺害されたソレイマニ司令官は、イランでは国民的英雄のひとりとされている
  • 最高指導者のハメネイ師は殺害直後「アメリカへの厳しい報復」を宣言した

米軍がイランの国民的英雄を殺害…報復合戦エスカレートを識者懸念

米軍がイランの国民的英雄を殺害…報復合戦エスカレートを識者懸念

トランプ米大統領(左)と殺害されたソレイマニ司令官(C)ロイター

年明け早々、アメリカがイランの英雄を殺害し、中東は再び混乱に拍車が掛かりはじめている。

 アメリカ国防総省は2日夜、トランプ大統領の指示に従い、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。ロイター通信によると、イラクの首都バグダッドを空爆し、殺害したという。

 中東に緊張が走っているのは、殺害されたソレイマニ司令官が、イランでは国民的英雄のひとりだからだ。米誌タイムは2017年「世界で最も影響力のある100人」の指導者部門でソレイマニ司令官を選出。「中東のイスラム教シーア派にとっては、ジェームズ・ボンドと、レディー・ガガと、(ドイツの名将)エルヴィン・ロンメルを合わせてひとつにした人物」と評していた。最高指導者ハメネイ師の信頼も厚く、ハメネイ師は殺害直後「アメリカへの厳しい報復」を宣言。イラン全土が3日間の喪に服すと発表した。

 この先、イランが報復に出てくるのは間違いない。

 報復覚悟でトランプ大統領が英雄の殺害を命じたのは、昨年12月31日、イラクにあるアメリカ大使館がイラクの民兵組織に襲撃されたからだ。襲撃された直後、トランプ大統領は「イランは大きな代償を払うことになる」と宣告している。襲撃した実行犯はイラクの民兵組織なのに、イランを名指ししたのは、イランが裏で糸を引いていると確証を持っているからだ。実際、襲撃犯はソレイマニ司令官への忠誠を叫んでいたという。

 このままアメリカとイランの対立は本格化するのか。国際ジャーナリストの堀田佳男氏はこう言う。

「トランプ大統領の本音が、一刻も早く米軍を中東から撤退させることなのは間違いないでしょう。もし、中東が戦地となり、アメリカが紛争の当事者となったら大統領の再選に黄色信号がともるからです。かといって、イランに対して弱腰だと見られるのも大統領選にはマイナス。今回、ソレイマニ司令官の殺害を命じたのは、アメリカ大使館が襲撃されたことも大きい。12年、オバマ政権の時、リビア・ベンガジのアメリカ領事館が襲撃されたことを、トランプ大統領は強く非難してきましたからね。強硬に出ざるを得なかったのでしょう。しかし、英雄を殺害されたイランも引けないはず。報復合戦がエスカレートする恐れがあります」

 日本は自衛隊を中東に派遣して大丈夫なのか。

関連記事(外部サイト)