ゴーン被告期は逃亡犯から一転英雄に…「レバノン大統領」誕生はあるのか

ゴーン被告期は逃亡犯から一転英雄に…「レバノン大統領」誕生はあるのか

レバノンの首都ベイルートに立てられたカルロス・ゴーン被告を支援する電光掲示板(C)ABACA/ニューズコム/共同通信イメージズ

待ち受けるのは天国か地獄か――。中東レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告。8日の記者会見で改めて身の潔白を主張するとみられているが、今後の身の振り方についても注目が集まっている。ナント、政界進出がウワサされている。

■レバノンでは英雄

「We Are All CARLOS GHOSN(我々は皆、カルロス・ゴーンだ)」――。ゴーン被告が電撃逮捕された直後のおととし12月、レバノンの首都ベイルートに、こんなスローガンとゴーン被告の顔写真を写した電光掲示板が立てられた。

 レバノン出身のゴーン逮捕を受け、日本の司法制度への抗議やゴーン支持を表明するために設置されたものだという。

 ゴーン被告はレバノン国内で成功者の象徴である。2017年にはゴーン被告の顔が印刷された切手が発行されたほど。切手が発行された時、レバノンの現職閣僚やビジネス関係者が祝賀会に出席したというから、ゴーン被告がレバノンの政財界にどれほど食い込んでいたかうかがい知れる。

 果たして政界進出はあるのか、“ゴーン大統領”誕生の可能性はあるのか。現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏がこう言う。

「レバノンは多様な宗派から形成されている『モザイク国家』です。憲法で宗派に基づく権力の分配が定められており、大統領はクリスチャン、首相はイスラム教スンニ派、国会議長はイスラム教シーア派に割り振られています。ゴーン氏はクリスチャンなので、大統領になる資格はあります。ただ、中東では反腐敗キャンペーンが若者を中心に広がっているので、ゴーン氏が大統領になったとしても、国民の怒りの火に油を注ぐことになりかねません」

 ゴーン被告はレバノン入国直後、アウン大統領と非公式に面会したといわれている。現政権に近いのは間違いない。

 レバノンは社会情勢が不安定なだけに、巨額の財産と身の安全を守るため、政治権力を握った方が得策と考えても不思議ではない。

地元弁護士から違法性を指摘する声

 その一方、日本の司法の裁きを逃れたとしても、レバノン当局から逮捕される可能性もささやかれている。レバノン国内の汚職を批判する地元の弁護士らが、ゴーン被告が日産会長だった頃にイスラエルとの経済活動を禁じるレバノンの法律に違反したとして、裁判所に処分を申し立てたという。

 さらに、国際刑事警察機構がゴーン被告の身柄拘束を求める手配書を出したことを受け、レバノン検察は今週にもゴーン被告に日産資金の還流などについて事情聴取を行う見通しだ。

 日本からの逃亡について「合法的な入国」として不問にする可能性が高いものの、日本で起訴された事件について聴取するとみられている。

 大統領か、逮捕か――。ゴーン被告が再び世界を驚かすかもしれない。


関連記事(外部サイト)