維新・下地幹郎衆院議員 カジノ汚職100万円受領で離党の思惑と打算

維新・下地幹郎衆院議員 カジノ汚職100万円受領で離党の思惑と打算

謝れば済むのか(C)共同通信社

カネの受け取りをあっさり認めたのは、次の衆院選を見据えた“スタンドプレー”なのか。

 東京地検特捜部に贈賄容疑で元顧問らが逮捕された中国企業「500ドットコム」側が現金を渡したと供述した衆院議員5人のうちの1人、日本維新の会の下地幹郎衆院議員が6日に会見。100万円の受領を認めた。

 ほかの自民党議員4人が受け取りを否定している中、「授受を認めて潔い」と評価する声も上がっているが、沖縄政界関係者は「下地さんはそんな殊勝なタマじゃないでしょう」と苦笑しながら言う。

■自民への復党を画策か

「自民党に戻りたい下地さんは、初当選同期で仲が良い菅官房長官に復党の相談をしてきた。その地ならしにIR汚職問題を利用したのではないか。早めに金銭受領を認めたほうが傷が浅く済むし、維新を離党する名目にもなるという打算が見え隠れします。選挙区の沖縄1区は、岸田派の国場幸之助議員が自民党の支部長ですが、女性問題など醜聞を報じられ、地元有力企業『国場組』の国場幸一会長も立腹している。昨年のグループ企業会議で『今後、幸之助の出馬は認めない』と宣言したそうです。2017年の前回衆院選でも、国場組を中心とした沖縄建設業界は下地さんを支援していました」

 下地氏が「500」社からカネを受け取ったのは、その前回衆院選の最中だ。100万円が入った封筒を選挙事務所のスタッフが受領したという。選挙は、比例復活でなんとか最終議席にすべり込む文字通りギリギリの当選だった。

「次の衆院選で自民候補になれれば、選挙区での当選が難しくても、自民が強い九州ブロックでの比例復活は確実です。とりあえずは無所属で出馬して、当選後に自民党に入るというシナリオも考えられる。関係が悪かった創価学会とも、菅官房長官の仲介で手打ちしたと聞いています。岸田派の国場を追い落とすことは、ポスト安倍を岸田政調会長と争う官房長官にもメリットがある。強引に2人目の候補を擁立して、岸田派の溝手顕正前議員を落としにかかった参院広島選挙区と同じ構図です」(自民党中堅議員)

 案の定、下地氏は7日、維新からの離党を発表。当面、議員辞職はしないというが、これで逃げ切れると思っているなら大間違いだ。汚職を認めておいて、「潔い」も何もない。議員辞職が筋だし、他の疑惑議員や自民党も、きっちり説明責任を果たす必要がある。

関連記事(外部サイト)