森法相 ゴーン被告逃亡「看過できない」と拳振り上げも後の祭り

森法相 ゴーン被告逃亡「看過できない」と拳振り上げも後の祭り

カルロス・ゴーン被告がレバノンで記者会見したことを受け、記者会見する森法相(9日午前)/(C)共同通信社

カルロス・ゴーン被告の記者会見を受け、森法相は9日未明、法務省で記者会見し、「出国は犯罪行為に該当し得る。それを正当化するために、わが国の法制度について誤った事実を喧伝するのは到底看過できない」と拳を振り上げたが、当人が海外逃亡した後ではむなしく響く。最後は「主張すべきことがあるなら、正々堂々と(日本の)公正な裁判所の判断を仰ぐことを強く望む」とお願いだから情けない。

 政府関係者のひとりは、ゴーン被告が自身の訴追に関与したと主張する日本政府関係者の名前を明らかにしなかったことについて「最初から全て手の内をさらす必要はない。日本側の反応を見て、新たな情報を出してくる可能性はある」と指摘。ゴーン被告の“次の一手”への警戒をあらわにした。

関連記事(外部サイト)