国民民主党が提案 立憲民主党との合流を最大9月まで先送り

国民民主党が提案 立憲民主党との合流を最大9月まで先送り

国民民主党の玉木雄一郎代表(C)日刊ゲンダイ

国民民主党の玉木雄一郎代表が立憲民主党の枝野幸男代表に対し、合流協議の決着時期を定めず、最大で7〜9月の東京五輪・パラリンピック後まで先送りするよう提案していたことが分かった。枝野氏は通常国会召集が予定される20日までの合意を改めて主張し、拒否した。関係者が9日、明らかにした。

 玉木氏は、政権の不祥事が続出し早期の衆院解散・総選挙の可能性が低下したとみており、慎重論も根強い党内の意見集約に時間を稼ぐ狙いがあるとみられる。パラリンピックは9月6日に閉幕する。

 両代表は今月7日夜に続き、9日夜も非公式に会談。その間も電話などで調整を重ねているという。国民関係者は党名や人事、基本政策などについて「立憲側は譲歩していない」と明かし、協議の難航を認めた。

関連記事(外部サイト)