少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

言い訳と屁理屈ばかり(加藤厚労相=26日)/(C)日刊ゲンダイ

26日、韓国の新型コロナウイルス感染者数が1000人を超えた。今や中国に次ぐ感染大国となったわけだが、裏返せば、ウイルス検査を加速度的に進めている証拠でもある。なぜ、日本での検査実施は一向に広がらないのか――。

  ◇  ◇  ◇

 厚労省は今月18日から1日最大約3800人の検査が可能としていた。26日の衆院予算委で実績を問われた加藤勝信厚労相は、18〜24日の実施件数が約6300件で1日平均900件だと明かした。

 大幅未達の理由について、加藤大臣は「(検査機関が)抱えている量が限界に来ているため、抑制しなければならないところがあるのではないか」と説明したが、ちょっと待て。頭打ちなら検査数は高止まりするはずだが、21日をピークに減少に転じている(別表)。

 検査を増やさないのは、どうしてなのか。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「検査希望者がたらい回しされたり、断られるケースが相次いでいます。加藤大臣の説明のような委託先の問題ではありません。国にやる気がないのです。厚労省傘下の国立感染症研究所と各地の保健所が検査の委託先をコントロールし、重症者だけしか受け付けないなど検査に高いハードルを課しています。まず、陽性者の実数を増やしたくない官邸の意向がある。また、感染研など厚労省側もウイルス検査の“ピンハネ利権”を維持したい。だから、民間を検査ビジネスに参入させ、野放しにさせたくないのです」

■韓国並み実施なら感染者5000人の計算

 安倍政権が検査に後ろ向きなのは、韓国の実施状況と比べれば一目瞭然だ。18日時点では日本の996件と同等の1054件だったが、その後、みるみる増やし、25日は7548件も実施している。

 韓国は26日までに約4万5000件の検査を実施。日本の検査件数は18〜24日で約6300件だ。厚労省の統計によると、18日までの検査数は少なくとも1287件。合計しても韓国の6分の1程度の母数だ。現在、日本の感染者数は900人程度だが、韓国並みに検査を実施すれば、5000人規模に膨れ上がる計算となる。

 26日の予算委では、橋本岳厚労副大臣のウイルス検査も取り上げられた。橋本氏は10日以降、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の現地対策本部長として、横浜に駐在。宿泊先のホテルから日々、船に乗り込み、約40人の職員を率いている。この間、厚労省職員など部下4人の感染が確認。橋本氏自身が感染していてもおかしくない。

 山井和則議員が橋本氏の早期ウイルス検査を求めると加藤大臣は、「本人は健康で熱もありません。活動が終わり、下船する際にはPCR検査を実施します。(山井)委員の話で言えば、毎日(感染の)リスクがある。1日入ったら、PCR、また入ったらPCRになる」と答弁。妙な屁理屈で逆切れし、タンを少量採ればできる検査をかたくなに拒むのだ。

「語るに落ちる」とはこのことで、やはり陽性者の数を増やしたくないのだ。もし、下船時の検査で陽性が出たら、遡ってどう責任を取るつもりなのか。責任者による感染拡大は世界の笑いモノだ。

 イランの新型コロナ担当の保健副大臣は25日、ウイルス検査を受けて陽性反応が出たことを公表した。日本だけが都合の悪い真実から目をそらしている。

関連記事(外部サイト)