小林節×藤木幸夫対談 資本主義の末期「カジノ成長戦略」は詐欺

小林節×藤木幸夫対談 資本主義の末期「カジノ成長戦略」は詐欺

左から、カジノの是非を決める横浜市民の会共同代表の小林節氏と新横浜ハーバーリゾート協会会長の藤木幸夫氏(C)日刊ゲンダイ

政府が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)事業は、現職国会議員に逮捕者が出るなど裏で蠢く利権の存在があらわになった。経済成長の牽引役といううたい文句や依存症対策も怪しい。このままカジノを本当に解禁していいのか――。横浜市の誘致に反対姿勢を見せる重鎮2人、港湾関係を束ねる「ハマのドン」と住民運動の共同代表を務める「憲法学者」によるスペシャル対談。

  ◇  ◇  ◇

小林 秋元司衆院議員の事件は典型的な土木利権。先日、横浜市の商工会議所がバックアップした「カジノ展」を見たのですが、「我々が1兆円を投資しますから、日本は潤いますよ。いい話でしょう」と言って、何社もが競争入札するわけですよ。できるだけ当局の支援を得て、落札したい。つきましてはお礼します……。毎度のパターンの話じゃないですか。

藤木 資本主義の末期症状ですね。ソ連の初代指導者・レーニンがこう言っているんです。資本主義というのは汗をかいて、お金を儲けて、心を豊かにし、生活を楽にする。しかし、あるところまで行くと、汗をかかないで、舌先三寸でもお金が儲かるということに気づき、それを始める。そうして人を騙してお金を稼ぐようになる。そういう時代が来るから見てなさいと。その通りになっていますよ。内閣の言う「成長戦略」も詐欺の成長路線で、国民生活のためのものではありませんね。

小林 金融資本主義あたりから、世界は口先経済になった。マネーゲームをして、働かずにコンピューターを使って金を稼いでいます。アベノミクスだって株価が上昇しただけの話。統計上の結論として、庶民の可処分所得は減っています。国家的詐欺ですよね。詐欺とは騙して金を巻き上げること。カジノもそうです。

藤木 まさしくその通り。山本周五郎の小説に出てくるような江戸時代の人情長屋には、大家さんがいて、店子がいて、そそっかしいのや怠け者、働き者がいた。落語や講談におなじみのパターンがありますが、私はあれが日本の市民生活の原型だと思います。「家賃を払わないから出ていけ」なんて大家さんは言わない。旦那が怠け者でもおかみさんが働き者だったりしてね。いろいろバランスとって長屋はできている。ところが今の日本は、弱いやつを切れでしょ。日産のようにゴーンを呼んできて、大金を払ってでも工場を閉める。そういう資本主義が当たり前になってしまった。

小林 「首切り屋」というビジネスすらあります。

藤木 でも、港にはそれがないんです。横浜港には約250の港運関係の会社がありますが、港運会長の私がそれをさせない。「俺たちは護送船団だ」と。1隻の船が遅れたら皆が止まって助けるんだ。護送船団方式がダメだって言った人がいましたね。竹中平蔵さん。成長のためには邪魔なものは捨てていかなきゃいけないって、おかしな時代です。米国が言わせているのか。カジノもいみじくも同じですね。

小林「横浜には土地持ちがいる。破産者が続出しますよ」

藤木 私は当初はカジノをやるつもりでした。横浜がにぎやかになっていいと思っていた。ところが依存症の専門家の話を聞いたら考えが変わった。すでに日本は賭博王国で、母親がパチンコに入り浸って、子供が帰宅しても家にいないとか、父親が酔っぱらって子供をひっぱたいたりとか。カジノになったら、これがもっと酷いことになると。背筋が寒くなりました。それで、ある日、私は菅くん(官房長官)にこう言いました。俺は気が変わった。カジノはやっぱりやっちゃいけねえ。不幸の塊だ。だけど、やるなら俺がやる。カジノについての彼との会話は、これっきりです。

小林 人間には本質において射幸心というのがあるから、ハマってしまう。だから世界中で賭博は犯罪なんです。藤木会長の先代が、沖仲仕(港湾労働者)の人たちがヤクザの賭場で巻き上げられて帰ってくるのが切ないからと、自らショバ代を取らない家庭内賭場をつくって、形式上、賭場開帳罪で捕まったそうですね。そういう社員を守るためのしくみならまだ分かるが、当局が市民から収奪するのは違う。それには乗れないですよね。

藤木 男が集まった時の楽しみはサイコロと茶碗しかない。そういう時代があった。賭博じゃなくて娯楽。映画で面白おかしく描かれる丁半の現場とは違って、ただ隅っこでカチャカチャ遊んでた。お金を賭けない麻雀みたいなもんだね。

小林 カジノはそれとはまったく違う。自民党議員の視察に合流して、英ロンドンで最高級のカジノを視察したことがあります。時間を忘れるようなゴージャスな空間で。たった数分で50万円が100万円になったり、100万円がゼロになったり。僕はやらなかったけど、自分がやったらと想像したらアドレナリンが出ましたよ。

藤木 アドレナリン。そうそう。

小林 帰ろうとしてもドレスの美女が胸を突き出して寄ってくる。そんな状態の中で、クレジットルームというのがあって、職業や年収を聞かれて「あなただったら1億円までお貸しできます」と。でも気づいたら全部失ってて、朝を迎えたら「返せないなら1億円相当の家を持っていますよね」と言われ、手続きに入ってしまう。横浜には先祖代々の土地持ちがいますし、私鉄沿線の駅前に立派な家があるじゃないですか。この街から破産者がどんどん出ますよ。

藤木「安倍首相と菅長官がどう言ってくるか。私は微動だにしていない」

藤木 村尾武洋さんの言っている通りなんです。村尾さんは米国でカジノルームの設計や内装を手掛けるニューヨーク在住の建築デザイナー。「藤木さんの考えに賛成です」という長い手紙をくれて、昨年の暮れに来日して話をしてくれました。ホテルはカジノを通らないとどこにも行けないような設計になっていて、何億円もする設計料の値引きを求められたことはないと。すぐに元が取れるからって。街や道が奇麗な横浜には、カジノがなくても人は来ると断言していました。だから、私がつくったハーバーリゾート協会、これが結論なんですよ。反対する以上は、山下埠頭をどうするのかという具体的な代替案が必要ですからね。

小林 それがカジノのないハーバーリゾートなんですね。

藤木 カジノに反対することは安倍首相に反対することとイコールですから、250社のうち何社かは「保留にしてもらえませんか」というのが出るだろうと思っていました。ところが全社が協会に加盟した。これで自信を強めました。やっぱり皆さんね、あんな博打には反対なんですよ。

小林 会長の人間力のなせる業でもありますね。

藤木 これから菅くんがどう言ってくるか、安倍首相がどう言ってくるか。でもまあ、私は微動だにしておりません。今、気になっているのは我々を材料に米中戦争が繰り広げられていることです。米国系と中国系で横浜のカジノを巡って争っている。ラスベガス・サンズのアデルソン会長がトランプ大統領に、安倍首相がサンズに協力するよう命令してくれと頼み込んだ、なんていう話がありますが、ワシントンで調べさせたら、話が少し違った。安倍首相の方から売り込んだ、という節もあるんです。それを菅くんが安請け合いしたんじゃないか。まあ、いろんな見方がありますから、はっきり言えませんが。

小林 安倍首相の取り巻きの経済産業省の役人などが、経済が行き詰まって何かしなきゃ、ということで考えそうな話でもありますよね。

(構成=小塚かおる/日刊ゲンダイ)

▽こばやし・せつ 1949年、東京都新宿区生まれ。慶大法学部卒。慶大名誉教授。弁護士。法学博士。

▽ふじき・ゆきお 1930年、神奈川県横浜市生まれ。早大政経学部卒。藤木企業会長。横浜港運協会会長。横浜エフエム放送社長。

関連記事(外部サイト)