イランは政府要人も次々コロナ感染 服役囚5万4000人釈放の異常事態

イランは政府要人も次々コロナ感染 服役囚5万4000人釈放の異常事態

イラン 服役囚5.4万人釈放へ

イランは政府要人も次々コロナ感染 服役囚5万4000人釈放の異常事態

副大統領も感染(C)ロイター

新型コロナウイルス パンデミック前夜】#4 イラン

 WHOのテドロス事務局長は2日、新型コロナウイルスの感染が広がっている韓国、イタリア、イラン、日本についての懸念を述べた。

 4カ国の中でイランの感染は特に深刻だ。感染者は2500人に達し、77人が死亡。致死率は中国より高く世界最悪だ。国会議員290人のうち23人の感染が確認された。

 最も衝撃的だったのが、最高指導者ハメネイ師の諮問機関議長を務めるミルモハマディ氏の感染死だ。ハメネイ師の最側近として常にそばにいた人物の死にイラン国内は騒然となったが、幸いハメネイ師は感染しておらず、元気な姿を見せている。

 さらには「シスターメアリー」の愛称で知られる女性副大統領のエブテカール氏の感染も判明。彼女は感染が分かった前日にロウハニ大統領のすぐそばに座っていた。

 事態を重く見たイラン政府は世界をあっと言わせる決断を下した。なんと「刑務所に服役中の囚人5万4000人を一斉に釈放する」と発表したのだ。狭い刑務所で蔓延させないためだ。刑期が5年以上の重犯罪者は含まれないが、コロナ特例恩赦といえるだろう。

 アメリカ主導の経済制裁を受けているため医療品が不足し、マスクや消毒液の買い占め・転売が問題になっている。そこで政府はマスクなどを転売目的で買い占めた者を「見つけ次第、死刑に処す」との緊急令を出した。

 なぜイランで感染が急拡大したのか。もともと中国との関係が深く、中国人の観光客やビジネスマンが多かったのも理由だが、宗教的な事情も大きい。今回、感染者が大量に発生したのは中部のコム市。ここはイスラム教シーア派の聖地で、多くの巡礼者が訪れる。巡礼者はモスクの柱や壁に唇をつけて祈りを捧げる。これが飛沫感染を招いたとみられているのだ。

 政府は人が集まる金曜礼拝を中止するよう指示したが、宗教指導者から「新型コロナの感染症は悪霊に違いない。撃退するにはみんなで祈るのが最善の方法だ」と反発の声が上がった。

 そのため参加者が減るどころか、通常より多くの信者がモスクに殺到。信仰心のあつさを証明するため、モスクのあちこちに抱きつき、唇を接する行為を繰り返している。その様子をテレビが「こうして舐めることで他の巡礼者が安心してモスクに来られるようにしている」と報じる始末だ。

 イランは今月20日からペルシャ式の新年「ノウルーズ」が始まる。中国の春節のように人の移動が加速する行事だけに感染の拡大が懸念されている。(つづく)

(国際政治経済学者・浜田和幸)

関連記事(外部サイト)