“安倍首相の犠牲者”森法相「検察官逃げた」錯乱答弁を撤回

“安倍首相の犠牲者”森法相「検察官逃げた」錯乱答弁を撤回

困惑の表情で事務方が用意したペーパーに目を通す森法相(11日、参院予算委員会)/(C)日刊ゲンダイ

森法相は11日の参院予算委員会で、9日の同委集中審議での黒川東京高検検事長の定年延長をめぐる答弁について「個人的見解だった」として撤回した。

 森法相は9日の質疑の中で「東日本大震災の時、検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していない中で最初に逃げた。身柄拘束をしている十数人を理由なく釈放して逃げた」と答弁。

 仮にこれが事実だったとしても、黒川検事長の定年延長問題とは全く無関係。与党内からも「野党の連日の厳しい追及を受け、錯乱したのでは?」と心配する声が上がる始末だ。

 森氏はもともと東北大出身の弁護士だけに、内心では安倍首相の恣意的な違法人事に疑問を抱いていたはず。ウグイス嬢疑惑で辞任した河井氏の後任となったがゆえに、意に反して尻拭いをさせられた“安倍首相の犠牲者”だ。

関連記事(外部サイト)