コロナ専門家会議の議事録 政府はハナっから作成する気ナシの加藤厚労相答弁

コロナ専門家会議の議事録 政府はハナっから作成する気ナシの加藤厚労相答弁

感染症対策専門家会議であいさつする加藤厚労相(C)共同通信社

政府が新型コロナウイルス対策を検討してきた政府専門家会議の議事録を作成していないことが共同通信の情報公開請求で分かり、野党議員や国民の間で批判の声が広がっている。

 政府は3月、新型コロナ問題を「歴史的緊急事態」に指定し、公文書管理の徹底を決定。安倍首相は「適切に、検証可能なように文書を作成、保存していると認識している」と強調していたが、大ウソだったわけだ。

 現場の医師などから要望があったPCR検査(遺伝子検査)の数をなぜ絞ったのか、ズルズルとクラスター(集団感染)対策に固執した理由は何だったのか、新型コロナ感染に関する相談・受診について、厚労省が目安としていた「37・5度以上の発熱が4日以上続いた場合」について専門会議で異論は出なかったのか――。新型コロナをめぐり、今も国民に残るこうした数々の疑問について、詳細な議事録を作成していなければ検証しようがないだろう。立憲民主党の蓮舫副代表が「国民の財産の公文書をばかにしている。いろいろな部分で検証ができなくなった。あり得ません」というのも当然だ。

 もっとも、政府は最初から詳細な議事録を作成するつもりはなかったようだ。

 3月2日の参院予算委では、専門家会議の議事録作成の必要性を訴える立憲の斎藤嘉隆議員と加藤厚労相の間で、こんなやり取りがあった。

 斎藤議員「科学的あるいは医学的な根拠を後々知るためにも、専門家会議の議事録を残してほしいんですね。このことを事前に政府の方に申し上げたところ、作っていないと、こういう話なんですよ。これ、今も作成途中で、間もなくできるということですか」

 加藤厚労相「詳細な議事録を残しておくというのはこれ当然必要でありますが、同時に、公表できるというもの、今の段階でですね、まさに議事概要、これも今作成し、各委員の御了解を得て公表すべく今作業を進めているというふうに聞いております」

 斎藤議員「いや、議事録は作成途中なんですか。作るんですか、作らないんですか、詳細な議事録」

 加藤厚労相「まず、本部についてはもう議事概要順次公表させて、本部ね。それから、専門家会合及び対策本部の幹事会というのもございます。それに対する議事概要については順次公表すべく今作業が進んでいるというふうに聞いており、議事概要ということで」

 この後も「詳細な議事録を作成するのか、しないのか」と迫る斎藤議員に対し、加藤厚労相はノラリクラリ。そして、こう言い切っていた。

「国務大臣が構成員でない会議については一律の議事の記録が作成されているものではなく、立案の、政策立案の方針に影響を与えているかどうか、担当部局の知見と責任において個別に判断すべきということであります。少なくともそれぞれの中身を明らかにするということで議事概要をまとめて公表するということを申し上げているところでありますし、また、基本的方針をするに当たっては、専門家会議の見解というのを、専門家会議の皆さん方が合意をして作ったのも併せて専門家会議からは出されているというふうに承知をしています」

 つまり、専門家会議の議論はあくまで会議内の話であり、政府の政策立案とは直接の関係はない上、専門家会議の見解は公表し、議事録の概要も示されているのだから、それで十分だろう――というわけだ。だが、これじゃあ、安倍首相が胸を張っていた「日本モデル」の対策もサッパリ分からない。

関連記事(外部サイト)