【新型コロナウイルス】病床が不足気味の埼玉県、医療崩壊の危機も

記事まとめ

  • 埼玉の新型コロナウイルスの入院患者は、今月5日には、130人になった
  • 埼玉は病床が不足気味で、現行の240床から600床を確保するように調整している
  • 都の感染防止対策に消極的な状況が続けば、埼玉の600床はあっという間に埋まるとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております