販売会社も困惑気味…吉村府知事の“うがい薬発言”が生んだ大混乱

吉村洋文大阪府知事、うがい薬でコロナの重症化などを防げると発言し大混乱

記事まとめ

  • 吉村洋文大阪府知事は、イソジンなどのうがい薬でコロナの重症化などを防げると発言
  • うがい薬を販売する明治は「効果について評価することはできません」と困惑気味
  • 共同通信の報道によると、府の担当者は「エビデンス(根拠)はない」と明言したという

販売会社も困惑気味…吉村府知事の“うがい薬発言”が生んだ大混乱

販売会社も困惑気味…吉村府知事の“うがい薬発言”が生んだ大混乱

「コロナに勝てる」と豪語(吉村洋文大阪府知事)/(C)日刊ゲンダイ

「ウソみたいな本当の話」――。市販のうがい薬を目の前にズラリと並べ、こう話した吉村洋文大阪府知事は“ドヤ顔”だった。4日、会見で吉村知事はポビドンヨード(商品名・イソジンなど)が含まれたうがい薬を使うことで、コロナの重症化などを防げると発言。「コロナに打ち勝てるんじゃないか」と話す様子が民放で生中継されると、日本中で“うがい薬ショック”が発生した。

 吉村知事の会見後、日刊ゲンダイが都内4カ所のドラッグストアに行ってみると、うがい薬は軒並み売り切れだった。ある店舗の店員は、「午前中は在庫があったんですけど、会見後、多くのお客さまが手に取り、売り切れてしまいました」と困惑の表情を浮かべた。

 オークションサイト「メルカリ」では、うがい薬が大量出品され、通常500〜1000円のうがい薬が、数千円の値をつけるほどの“バブル”状態に。

 うがい薬を生産する明治HDの株価も爆上げで年初来高値を更新。販売会社の「株式会社 明治」の広報担当者は、日刊ゲンダイの取材に「府の発表は興味深い内容だと思います。しかし、我々は実証実験などをしておらず、新型コロナに効くのか、効果について評価することはできません」と、やはり困惑気味だ。

 吉村知事は会見で「買い占めしないように」と呼びかけたが、効果はゼロ。うがい薬は街から消えてしまった。

府の担当者「エビデンスない」

 世間は大混乱だが、実際のところ、うがい薬にどこまで期待できるのか。

 吉村知事によると、「大阪はびきの医療センター」が府の宿泊療養施設の入居者41人に対し実証実験。1日4回、ポビドンヨードが含まれるうがい薬でうがいをした人の方が、うがいをしなかった人よりもウイルス量が減少したという。西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)はこう言う。

「ポビドンヨードは医薬品として正式に認められており、口内の殺菌効果があります。感染拡大の抑止に一定の効果はあるかもしれません。ただし、新型コロナの『特効薬』だとは、言えないでしょう」

 吉村知事は5日、自身のツイッターを更新し、「誤解なきよう申し上げると、うがい薬でコロナ予防効果が認められるものではありません。重症化を防ぐ効果の検証はこれからです」とツイート。続けて、「ポピドンヨードのうがいが、口中のコロナを減少させ、陰性化促進が期待できれば、感染拡大防止の新たな選択肢が生まれる」とつづった。

 共同通信の報道によると、会見後、府の担当者は「エビデンス(根拠)はない」と明言したという。そもそも、あおりすぎて入手困難になっては「効果」もクソもない。

関連記事(外部サイト)