眞島秀和がコロナ陽性反応 NHK「麒麟がくる」は全員のPCR検査も検討

眞島秀和がコロナ陽性反応 NHK「麒麟がくる」は全員のPCR検査も検討

細川藤孝役で出演している眞島秀和(C)日刊ゲンダイ

8月30日に放送が再開される予定のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に激震が走っている。明智光秀(長谷川博己)の盟友、細川藤孝役で出演している俳優の眞島秀和(43)が新型コロナウイルスに感染したことを10日、所属事務所が明らかにしたためだ。眞島は6日に37.8度の発熱があり、医療機関でPCR検査を受けたところ、翌日陽性の結果が出た。

 これによって苦しい判断を迫られるのがNHKだ。新型コロナ禍で一時中断していた「麒麟がくる」の撮影再開にあたりNHKは、「役者同士の距離は2メートルを守る」「2メートル以内の演技は時間を制限する」といった細かい決め事をまとめた“コロナ感染防止”マニュアルを全出演者に配布。「週刊女性」(8月4日・11日合併号)は〈感染者が出たとなれば『麒麟がくる』は打ち切りの可能性が大〉と報じた。

■現時点では撮影を継続

 今のところNHKは撮影を継続しているというが、今後の展開は不透明だと言わざるを得ない。厚生労働省のガイドラインによると、新型コロナは感染から発症までの潜伏期間が1日から12.5日(多くは5日から6日)。眞島が直近で撮影に参加したのは7月30日。発熱症状まで1週間あいているが、“濃厚接触者にあたる人は100%いない”と言い切る自信がNHKにあるのかどうか不明だ。

「NHKは念のため、主演の長谷川博己さんをはじめとする出演者とスタッフ全員のPCR検査も検討していると聞いています。それで誰か陽性の結果が出たら、いよいよ撮影の継続は難しくなるでしょう。その一方で、放送再開を楽しみにしている視聴者もたくさんいます。しばらくは眞島さんの出演場面を後日に回すなどして対応するそうですが、NHKは撮影再開にあたり慎重を期してきただけに、スタッフと出演者のショックは計り知れません」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

 薄氷を踏むような撮影が続く。

関連記事(外部サイト)