松井市長サボり過ぎ!大阪市「コロナ死」異常突出の実態…府に丸投げ怠慢のツケ

大阪市、新型コロナ死者数異常突出の実態は府に対応丸投げか 松井市長怠慢のツケとも

記事まとめ

  • 新型コロナウイルス重症者数が全国最多の大阪府の中でも、大阪市が以上に突出している
  • 大阪市の感染症対策本部会議は5月22日が最後で、松井市長の登庁は8月1日〜17日で3回
  • 市長は「府市一元化」を自慢していたが、実態は府に任せきりだと指摘

松井市長サボり過ぎ!大阪市「コロナ死」異常突出の実態…府に丸投げ怠慢のツケ

松井市長サボり過ぎ!大阪市「コロナ死」異常突出の実態…府に丸投げ怠慢のツケ

徹底調査で判明、「一元化」の自慢の実態は府に任せきり(大阪の松井一郎市長)/(C)日刊ゲンダイ

重症者数が全国最多の大阪府。死者数も7月には4人だったが、今月は26日までに46人と11倍超に膨れ上がっている。とりわけ、大阪市が異常に突出している。日刊ゲンダイの徹底調査で浮かび上がったのは、松井市長が「『オール大阪』でコロナに立ち向かう」と豪語しながら、その実、対応は府に丸投げ。怠慢のツケが市民に回ってきた格好だ。

 別表の通り、府の人口に占める市の割合は30%。ところが、市のコロナ患者は人口割合を大きく上回り、死者に至ってはナント、62%を占める。

 死者の94%は60代以上。市は60代以上の人々が多いのか――。総務省の人口動態調査(今年1月1日時点)を基に調べると、人口に占める60代以上の割合は、府が31・9%なのに対し、市は30・3%とむしろ少ない。市に数字を示して事情を聴いた。

「人口比例で見て、市が感染者、重症者、死者が多いことは、認識しています。ただ、日々の患者対応でパンパン。要因の分析はできていません」(感染症対策グループ)

 市はコロナ対応を議論する感染症対策本部会議を開催してきた。市長、副市長、部局長、区長などが出席し、議事録も公開されている。2月28日から7回開催されたが、5月22日を最後に開かれていない。第2波の真っただ中なのになぜ開かないのか。市にそのワケを聞くと「理由はありません。患者数は増えていますが、府も緊急事態宣言を出しておらず、そこまでの非常事態にはなっていないのではないか。市長や副市長から関係部局に指示が下り、指示に基づいて動いています」(危機管理室)と危機感ゼロ回答だった。

■都構想の失敗を先取り

 松井市長は6月の都構想協議会で「(大阪のコロナ対応が)評価されているのはなぜか。これは府市一体で司令塔を一元化した。そういう状況を制度として担保するのが重要だ」と「一元化」を自慢していたが、実態は府に任せきり。

 日刊ゲンダイの既報通り、8月1日から17日の松井市長の登庁はたったの3回。10万円の定額給付金の支給もダントツに遅かった。6月25日時点で、全国平均の支給率は6割に達していたのに、大阪市はたったの3%だった。

 コロナ対応の一元化の結果が、突出した死者数である。都構想の行く末を先取りしているようにも見える。松井市長はどう落とし前をつけるのか。

関連記事(外部サイト)