親衛隊の“安倍ロス”は深刻 1年後にまさかの「再々登板」待望論

安倍晋三首相が退陣表明も「再々登板」待望論 来秋の総裁選で戻ってくるとの見方も

記事まとめ

  • 安倍晋三首相が退陣表明したが、親衛隊の「安倍ロス」は深刻なようである
  • 櫻井よしこ氏は「安倍首相の視点と力量が必要とされる日が必ず、また来る」と記す
  • 党内でも再々登板に期待する声があり、トランプ氏を巡っても熱望する声が高まる可能性

親衛隊の“安倍ロス”は深刻 1年後にまさかの「再々登板」待望論

親衛隊の“安倍ロス”は深刻 1年後にまさかの「再々登板」待望論

再び返り咲きになる?(日ロ首脳会談での安倍首相とプーチン大統領)/(C)共同通信社

突然の退陣表明で、親衛隊の「安倍ロス」は深刻なようだ。

 応援団で知られるジャーナリストの櫻井よしこ氏は、3日発売の「週刊新潮」で「本当に残念なことだ」と嘆き、「激動の国際社会で日本のみならず世界の道しるべとして安倍首相の視点と力量が必要とされる日が必ず、また来る」と書いている。

 日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長も、ツイッターに「元気を取り戻した暁には再再登板も可能ですよね。三年経ってもまだ68歳ですから」と投稿し、エールを送っていた。

 アベノマスクをはじめコロナ対策はグダグダで、国会からも会見からも逃げ続け、外交も内政も行き詰まってレームダック。病気を理由に政権をブン投げたのが実情なのに、数日ですっかり「惜しまれつつ勇退」みたいなムードになっている。

 共同通信が8月29、30日に実施した緊急世論調査でも、内閣支持率が前回比20・9ポイントも跳ね上がって56・9%を記録した。

「党内でも『やはり安倍さんしかいない』と再々登板に期待する声が上がっています。この先、政権はコロナ対策や五輪開催の可否決定など難問に直面する。総理があのまま続けていたら4選なんてあり得ない状況になっていたでしょう。ただ、いったん退くことで、かえって再び返り咲きの目が出てきた。11月の米大統領選でトランプ氏が勝てば、来秋の本格総裁選で再々登板を熱望する声が高まると思います」(自民党細田派議員)

■プーチン方式で来秋復権!?

 退任を決めた安倍首相はトランプ米大統領やプーチン露大統領と相次いで電話会談。プーチン大統領は「シンゾー、また会おう」と話したという。何だか不吉な予感……。

 ロシア憲法では大統領の連続3選が禁じられていたため、プーチン大統領は任期のたびに傀儡首相にバトンタッチ。大統領に返り咲いてきた。ついには今年7月の憲法改正で2036年までの続投を可能にした。ほぼ終身大統領である。

 安倍首相も政権を1年だけ菅官房長官に預け、来秋の総裁選で戻ってくる気なのか。

 辞意表明の会見で「治療によって何とか体調を万全とし、新体制を一議員として支えてまいりたい」と言っていたのも気になる。次の総選挙も出るつもりだ。

「一般人はいいですが、国会議員が待望論を唱えるのはどうかしている。自ら辞めた人に今後もすがるなんて、自民党の人材払底を表しています」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 引退して療養に努めて欲しい。

関連記事(外部サイト)