ネトウヨ大喜び…「前原誠司」が検索ワードで急上昇したワケ

前原誠司元外相、尖閣諸島沖の衝突事故巡り「菅元首相が指示」と暴露 検索で急上昇

記事まとめ

  • 前原誠司元外相は、産経新聞の<船長釈放「菅元首相が指示」>と題した記事に登場
  • 当時の菅直人首相が「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」と暴露した
  • ネトウヨは「よくぞ明かした前原」と喜び、検索ワードでは「前原誠司」が急上昇した

ネトウヨ大喜び…「前原誠司」が検索ワードで急上昇したワケ

ネトウヨ大喜び…「前原誠司」が検索ワードで急上昇したワケ

前原誠司元外相(C)日刊ゲンダイ

今さら驚くこともないが、この男は一体、何がしたくて国会議員になっているのか。8日朝、ヤフーのリアルタイム検索ワードで急上昇し、注目を集めた前原誠司元外相のことだ。

 前原議員は同日付の産経新聞が一面で報じた<船長釈放「菅元首相が指示」>と題した記事に“登場”。国交相だった2010年9月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁の巡視船と中国漁船の衝突事件で勾留中(公務執行妨害容疑)だった船長の扱いについて、当時の菅首相が「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」と暴露。さらに、その理由について「(菅氏が)11月に横浜市で開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議に(中国国家主席の)胡錦濤が来なくなる」と語った、などと明かしているのだ。

 この記事に対し、ネトウヨは<よくぞ明かした前原><これまで言うだけ番長なんて言ってごめんなさい>などと大喜びで、検索ワードでは<前原誠司>が一時、トップになったほどだ。

 前原議員といえば、民進党代表時代、東京都の小池百合子知事が主導した「希望の党」の結党話にまんまと乗せられ、揚げ句、小池知事と一緒に立憲民主党の枝野幸男代表ら旧民進党議員たちを次々と「排除」した人物。結局、このドタバタ劇によって野党勢力が分断されてしまったことが、安倍長期政権の一因になったと言っていいだろう。

 前原議員は7日に告示された立憲民主党と国民民主党による合流新党に参加しないことが決まっているが、あえてこのタイミングで合流新党に水を差すような話題を提供してどうするのか。まさか「菅(かん)首相」を「菅(すが)首相」と読み間違えることを狙ったわけではあるまいが、野党の足を引っ張るのが「自分の使命」と考えているなら救いがたい。

関連記事(外部サイト)