菅義偉氏はガンチコのセレブ 横浜の億ションと「3億円」のえげつない集金力

菅義偉官房長官「苦労人」「庶民派」イメージとかけ離れた実態 自宅は横浜の億ション

記事まとめ

  • 首相就任が確実視される菅義偉官房長官が「苦労人」「庶民派」のアピールに躍起だそう
  • 実態はかなりかけ離れ、自宅は横浜駅から徒歩5〜6分の超高級タワーマンションだという
  • 支援する“太客”が多く政治資金の集金力は半端ではなく、保有資産も相当なものだとも

菅義偉氏はガンチコのセレブ 横浜の億ションと「3億円」のえげつない集金力

菅義偉氏はガンチコのセレブ 横浜の億ションと「3億円」のえげつない集金力

まるで“美談”仕立て(C)JMPA

「雪深い秋田の農家の長男」「高卒後、就職のため東京に出て、町工場で働いた」――。首相就任が確実視される菅官房長官が「苦労人」「庶民派」のアピールに躍起になっている。ところが、実態はかなりかけ離れている。自宅は超高級タワーマンション、集金力も半端じゃない。

 菅氏の自宅は横浜駅から徒歩5〜6分に位置する41階建てタワマンの中層階の一室。購入時期は総務相時代の2007年で、部屋は98平方メートル。価格は1億5000万円にも上るという。

 マンションのビューラウンジからは海や横浜ベイブリッジを眺望することができる。周囲には商業施設が立ち並び、生活にも便利な絶好の立地だ。

 登記簿によると、購入と同時にこの物件を担保に5000万円を借り入れているが、約10年で完済しているから、やはり普通のサラリーマンとはワケが違う。

 政治資金の集金力もえげつない。菅氏が代表を務める政党支部は18年、前年からの繰越金約1・2億円と当年の収入約7300万円を合わせ、2億円近い収入がある。一方、資金管理団体は繰越金と当年の収入は計約1・2億円。2つの政治団体の年間収入は計3億円にも及ぶのだ。

 収入の大半は、政治資金パーティー。18年は年間8000万円超を稼いでいる。政治団体は、1回のパーティー収入が1000万円以上になる場合、収支報告書に参加人数などを記載しなければならない。しかし、菅氏の政治団体は、18年開催分の10回全て収入1000万円以下。ギリギリ記載義務が生じない900万円台は5回に上る。パー券購入者の記載もなく、中身は見えてこない。

■“太客”がいっぱい

 支部と資金管理団体の収入内訳を見てみると、個人・団体献金も計1686万円(18年分)と巨額だ。

 支部は、18年3月、映画製作会社「東北新社」(東京・港区)の植村徹前社長(今年4月21日死去)から50万円を受けている。17年10月には、横浜市の「よこはまコスモワールド」を運営する「泉陽興業」(大阪市)の会長から100万円、同10月は横浜市の冠婚葬祭業者「メモワール」の幹部からも100万円を受領。支援してくれる“太客”は数多い。

 保有資産も相当なものだ。18年4月に発表された衆院議員の資産公開によると、前年10月の衆院選当選時で、菅氏の保有資産は計6264万円。土地建物に加え、「金銭信託」が4427万円、ゴルフ会員権も保有している。

 さらに、現預金など報告していない資産も相当あるに違いない。

「政治とカネ」に詳しい神戸学院大教授の上脇博之氏はこう言う。

「資産公開制度は、現金や普通預金などについて報告義務がありません。制度自体に抜け穴が多く資産の全体像は不透明です。また、全議員に月100万円支給される文書通信交通滞在費なども報告義務がなく、使途が全く見えてこない。これらの不透明な『収入』があると考えると、菅氏の『資産』はオープンになっているものだけにとどまらないでしょう」

 好物のパンケーキが3000円と高額だったことが話題になったが、やはり菅氏は「庶民」ではなくガチンコのセレブだ。

関連記事(外部サイト)