自民・杉田水脈議員またも暴言 性暴力被害で「女性はいくらでもウソをつく」

自民・杉田水脈議員またも暴言 性暴力被害で「女性はいくらでもウソをつく」

またも暴言(杉田水脈衆院議員)/(C)日刊ゲンダイ

やはり“付ける薬”はないようだ。自民党の杉田水脈衆院議員がまたやらかした。25日の党の内閣第一部会などの合同会議で、政府側から暴力や性犯罪の女性被害者の相談事業に関して説明を受けた際に、警察が積極的に関与するよう主張。その理由として「女性はいくらでもウソをつけますから」と、あたかも被害を虚偽申告する女性が多数いると受け取れる発言をした。

 杉田氏は会議後、記者団に「そんなことは言っていない」と述べて発言を否定したが、複数の会議参加者が杉田氏の問題発言を確認した。発言に責任を持たず、往生際も悪すぎる。こんな国会議員を持つ国民は不幸だ。

関連記事(外部サイト)