隠し子疑惑に陰毛事件…坂本1億総活躍相は地味だが“下半身ネタ”が豊富【菅“スカスカ内閣”大臣を裸にする】

坂本1億総活躍相、隠し子疑惑など"下半身ネタ"豊富? 同僚から陰毛を毟られたことも

記事まとめ

  • 坂本哲志氏について「大臣になれば隠し子疑惑が噴出する」と心配する声があったという
  • 同僚議員が坂本氏の陰毛を毟り取って女性記者のおしぼりに振りかける事件もあったとか
  • 坂本氏は「お酒が入っていたのか、よく覚えていない」と同僚をかばっていたという

隠し子疑惑に陰毛事件…坂本1億総活躍相は地味だが“下半身ネタ”が豊富【菅“スカスカ内閣”大臣を裸にする】

隠し子疑惑に陰毛事件…坂本1億総活躍相は地味だが“下半身ネタ”が豊富【菅“スカスカ内閣”大臣を裸にする】

坂本哲志一億総活躍相は疑惑を全面否定(C)共同通信社

【菅“スカスカ内閣”大臣を裸にする】

 坂本哲志 1億総活躍相(熊本3区・衆院6回)

 ◇  ◇  ◇

 就任早々、「不倫・隠し子疑惑」が週刊新潮に報じられた。熊本県議時代の98年から99年ごろに、議会事務局で勤めていた女性と不倫関係に陥り、女の子が生まれた。認知していないが、鼻や眉毛など坂本とうり二つだという。

 地元では知られた話で、支援者の間では「大臣になってほしいけど、大臣になれば隠し子疑惑が噴出する」と心配する声が絶えなかったそうだ。坂本は「怪文書で流されただけ」と疑惑を全面否定している。

■趣味は皇居ラン

 趣味はジョギング。ヒマを見つけて皇居の周りを走っている。超党派の「ジョギング・マラソン振興議連」のメンバー。議員宿舎では、サウナスーツを着て階段を駆け上がっている姿もたびたび目撃される。

 1億総活躍のほか、地方創生、少子化対策も担当。石原派の事務総長を務め、論功行賞の派閥推薦で入閣を果たした。総裁選では菅陣営で九州ブロックの都道府県票取りまとめに奔走。

■熊本地震で被災

 2016年の熊本地震で自宅が被災。中学校の校庭で夜を明かしたという。

 地方議員出身の“叩き上げ”だ。中央大学法学部卒業後、地元紙の熊本日日新聞に入社。91年から熊本県議を4期務めた。途中、園田博之らの「新党さきがけ」に参加したが、98年に自民党に復党。03年の衆院選で初当選した。同じ選挙区に自民党の松岡利勝元農相がいたため、無所属での出馬だった。松岡の死後に自民入党が認められた。

■委員会で英語学習

 今年7月の九州豪雨災害が議案になった衆院災害対策特別委で、熊本選出の坂本が英語の勉強をしていたことが報じられ、問題に。

■AKBを招致しようとしたことも…

 選挙権年齢引き下げの議論の際、憲法暗唱が特技の元AKB・内山奈月を参考人招致したいと提案したが、一蹴された。

「地味で目立たないので、ヘアスタイルもそっくりな梶山経産相と見分けがつかないといわれています」(石原派担当記者)

 17年、自民党副幹事長と政治記者の懇親会2次会で、同僚議員が女性記者のおしぼりを男性器に見立て坂本のズボンに手を突っ込んでむしり取った陰毛を振りかけるという“セクハラ事件”が起きた。週刊誌の取材に対し、毛をむしられた被害者の坂本は「お酒が入っていたのか、よく覚えていない」と同僚をかばっていた。

関連記事(外部サイト)