TV討論会で巻き返し狙うトランプ “禁じ手”の「バイデンは認知症」作戦で口撃必至

TV討論会で巻き返し狙うトランプ “禁じ手”の「バイデンは認知症」作戦で口撃必至

バイデン氏に認知症疑い指摘

TV討論会で巻き返し狙うトランプ “禁じ手”の「バイデンは認知症」作戦で口撃必至

脱税疑惑を「フェイクニュース」と否定するトランプ米大統領(C)ロイター

11月の米大統領選を控え、日本時間30日から始まった、共和党のトランプ米大統領(74)と民主党のバイデン前副大統領(77)によるテレビ討論会。直前の27日、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に“脱税”疑惑をすっぱ抜かれ、劣勢のトランプは計3回の討論会で巻き返しを図る。

 NYTによると、トランプは過去15年のうち10年間も所得税をチョロまかしていた。支持率に響くかと思いきや、ほぼ無傷だ。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」を見ると、25日の各種世論調査の平均はバイデンとの差が6ポイント。疑惑発覚後の28日には5ポイント差に縮まった。

「脱税は犯罪行為に当たるので、訴追される可能性があります。しかし、共和党支持者の8割は強固なトランプ“信者”。問題視していないのでしょう」(国際ジャーナリストの堀田佳男氏)

オバマ前大統領の名前を記者会見でド忘れ

 トランプはめげるどころか、バイデンを「寝ぼけている」などと批判。なりふり構わず、“禁じ手”の「認知症疑惑」をヤリ玉に挙げている。

 過去にバイデンは、副大統領として8年仕えたオバマ前大統領の名前を記者会見でド忘れし、「マイボス」と発言。予備選の集会では、副大統領時代にアフガニスタンへ行ったこともないのに「副大統領として行き、米軍を激励した」と事実誤認の体験を披露。最近もテレビの生放送で「私は180年前に上院議員になった」と平然と語るなど、不可解な発言を連発。大手世論調査機関に全米の有権者のナント38%が、「バイデンは認知症だと思う」と答えたほどだ。

「討論会は2人とも高齢なので、有権者が両候補のメンタルの健全性を測るバロメーターです。トランプ氏はバイデン氏の言い間違えをあげつらって、“口撃”し続けるのではないか。テレビ討論会では、どのシーンがネットに流れて拡散されるかが勝敗を分けますからね」(米「デーリー・ビースト」のジェイク・アデルシュタイン記者)

 次期大統領は「脱税者」か「認知症老人」か――。米国民は究極の2択を突き付けられている。

関連記事(外部サイト)