「自動翻訳」疑惑まで 菅首相の英文ツイートに自民からも苦言

「自動翻訳」疑惑まで 菅首相の英文ツイートに自民からも苦言

菅首相が赤っ恥(C)日刊ゲンダイ

きちんと英語ができる人にチェックしてもらった方がいい。新型コロナに感染したトランプ米大統領夫妻に見舞いのメッセージを寄せるため、菅首相がツイッターに書き込んだ英文に、身内の自民党からも問題視する声が上がっている。

 問題になっているのは3日の投稿。「親愛なるトランプ大統領へ」と書き出し、「コロナに感染したとのツイートを見て心配した」などと平易な英語でつづった。

 これに関し、7日の自民党外交部会で出席者から批判が続出。感染を知り「心配した」とする英文が「I was worried」と過去形になっており、これでは「今は心配していない」という意味に受け取られるなどの指摘が上がり、「和文を自動翻訳したのでは」と疑問視する声まで出た。

関連記事(外部サイト)