菅首相のアナログ"えせ会見"に仏紙の特派員も激怒「あり得ない閉鎖性」

菅首相は代表3社のみのグループインタビューを実施 外国メディアには異様な光景にも

記事まとめ

  • 菅首相は9日、代表3社のみのグループインタビューを行い朝日、毎日、時事通信が選出
  • 別室で傍聴できる定員は40人で雑誌、外国メディアなどのメディア向け10席は埋まらず
  • 仏紙「リベラシオン」と「ラジオ・フランス」の特派員・カリン西村氏はうんざり顔に

菅首相のアナログ"えせ会見"に仏紙の特派員も激怒「あり得ない閉鎖性」

菅首相のアナログ"えせ会見"に仏紙の特派員も激怒「あり得ない閉鎖性」

フツーの会見は30分の1度だけ(9月16日の就任会見)/(C)共同通信社

菅首相は9日、代表3社のみのグループインタビューを行った。5日に続いて2度目。今回はインタビューの申し込み順から、朝日、毎日、時事通信が選ばれた。

 当日の朝に開催が決まり、本紙(日刊ゲンダイ)も急いで「日本雑誌協会」を通じて、傍聴希望を申請。前回の落選社が優先され、応募も少なかったようで、あみだくじの結果、本紙は当選した。

 開始30分前に官邸北門の受付で「総理会見に来ました」と切り出すと、「グループインタビューですね」。あくまで会見にあらずの返事だ。

 別室で傍聴できる定員は40人。雑誌、外国メディア、フリーなどのメディア向けの10席は埋まったが、内閣記者会の常駐社の30席は10席ほどが空いていた。

■「1問目で異常な“会見”についてただすべき」

 空席が出るのは傍聴して理解できた。「傍聴部屋の撮影は禁止」「ニュースの配信は終了後」と規制だらけ。映像はなく、天井の2つのスピーカーから菅の声が流れてくる。校内放送で教頭の話を聞かされているようだ。

 菅首相の話は教頭に劣らず、面白みゼロ。記者の質問に準備していた回答例をピックアップして返すだけ。追質問にも掘り下げた回答をしない。例えば、日本学術会議推薦の6人を任命しなかった理由について「広い視野に立ち、バランスのとれた行動を行い、国の予算を投じる機関として国民に理解される存在であるべき」と同じ答えを何度も繰り返した。

 インタビューはわずか30分で終了。仏紙「リベラシオン」と「ラジオ・フランス」の特派員・カリン西村氏は傍聴を終え、うんざり顔である。話を聞いた。

「質問者をわずか3社の記者だけに限定し、他は傍聴部屋で映像すら見せない。国のトップがこのような閉鎖的な“会見”をするのは、あり得ない。私は20年以上、記者をしていますが、見たことも聞いたこともありません。政府側から、オープンな会見ではなく、こういう対応になっている理由の説明もない。しかも、今日の3人の記者はそのことを質問しませんでした。代表して質問しているのですから、まず1問目で、これから始まる異常な“会見”についてただすべきでしょう」

 外国メディアに異様な光景に映るのは当然の非常識対応。菅首相は日本の恥とならないよう、フツーの会見と国会論戦に臨むべきだ。

関連記事(外部サイト)