菅首相の魂胆ミエミエ 学術会議任命拒否「黒幕切り捨て」の逃げ切りシナリオ

菅首相の魂胆ミエミエ 学術会議任命拒否「黒幕切り捨て」の逃げ切りシナリオ

タジタジ答弁(4日の衆院予算委での菅首相)/(C)日刊ゲンダイ

日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命拒否を巡り、菅首相が“白旗”寸前だ。衆院予算委員会で一問一答の追及を受け、タジタジ答弁からは「逃げ道」を探る魂胆が透けて見える。

■シレッと前例打破

 4日はこれまでの答弁を微妙に修正。菅首相は「官房長官時代から大学偏重や民間、若手が少ないなどに懸念を抱いてきた」との答弁を繰り返したものの、ゴニョゴニョと「今回の任命の判断と直結していませんけど」との“前置き”を付け加えた。女性や私大所属、若手の3人を排除するなど「多様性が大事」という自らの判断理由との矛盾を追及され、シレッと軌道修正。自身の答弁の「前例踏襲を打破」した格好だ。

「この調子では、41日間と会期の短い臨時国会は乗り切れても、少なくとも150日間の通常国会で学術会議問題を追及されたら、とてももたない」(自民党関係者)

 どうやら菅首相は、幕引きを模索しているようだ。立憲民主の川内博史衆院議員が2日、6人の欠員について、「210名の会員を組織させるのは総理の責任だ」とただすと、菅首相は「理論的には言われる通りだ」と随分と聞き分けがよかった。

 さらに菅首相は「仮に任命を行うには、日本学術会議法に沿って、改めて補充のための手続きが必要だ」と答弁。「改めてもう一度、学術会議が6名の推薦を上げてきたらどうするか」と問われると、「全体の内容を見て、判断することになる」と含みを持たせた。

「杉田報告」で乗り切るつもりか

 一方、責任は“黒幕”に負わせるつもりだ。菅首相は4日、6人除外の報告に関し、「(内閣府が候補者99人分の決裁案を起案した)9月24日の前に聞いた。(報告したのは)杉田(和博)副長官だったと思う」と発言。杉田官房副長官の関与を初めて公式に認めた。

 杉田氏は内閣人事局長を兼任し、官僚人事を一手に握る警察官僚。安倍政権から菅政権までの約8年間、官邸を牛耳ってきた“陰の総理”だ。学術会議の6人排除でも「真犯人」と指摘され、野党は国会審議への出席を求めている。

「杉田さんは79歳と高齢。2012年の安倍前首相の就任会見で倒れたこともある。令和への代替わりのタイミングで辞める意向でしたが、官僚組織を押さえるため、安倍さんが慰留し、菅政権でも続投した。学術会議を巡る混乱の責任をすべて背負い、杉田さんは辞任する意向のようです。辞めてしまえば、野党が求める国会に出席しなくて済みますからね。このシナリオも杉田さん自身の提案とされています」(霞が関関係者)

 ちなみに菅首相が首相に就任した9月16日から24日までの首相動静を確認したが、杉田氏の名は出てこない。24日以前の杉田報告をでっち上げ、菅首相が責任を押し付けた可能性だってゼロではない。いずれにせよ、任命権者である菅首相の責任は免れない。


学術会議前会長は「存在も知らない」

 日本学術会議の6人任命拒否問題で、内閣府の学術会議事務局が2018年11月に作った「(首相に)推薦の通りに任命すべき義務があるとまでは言えない」などとする文書について、同会議の山極寿一前会長(京都大前総長)が「見せられたことはないし、存在も知らなかった」と明かした。5日の朝日新聞が報じた。

 加藤官房長官は2日の衆院予算委員会で「事務局長が文書の内容を(山極氏に)口頭で報告した」と答弁。これについて、山極氏は「説明を受けた覚えがない」「会長への報告なしに文書が作られるなど、あり得ない」と否定した。

 文書作成の約3カ月前の18年8月、会議側が推薦した欠員補充の候補者について首相官邸が難色を示したため、山極氏は杉田和博官房副長官に面会を申し出た。しかし、杉田氏から「来る必要はないし、理由も答えない」と拒否されたという。そんな時期に、たとえ口頭でも文書について説明があれば、記憶に残るし、会長としてしかるべき対応をしたはずだ。加藤長官の虚偽答弁の疑いが濃厚だ。


関連記事(外部サイト)