コロナで政権を投げ出した安倍前首相が「ポストコロナ経済政策」を考えるだって?

安倍晋三前首相、「ポストコロナ経済政策」議員連盟会長に就任 アベノミクスに言及

記事まとめ

  • 安倍晋三前首相が自民党の「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」会長に就任した
  • 安倍前首相は、議連の冒頭あいさつで、「アベノミクス」についても言及した
  • 物価上昇率2%の目標に「正しく言えば2%の以下で安定させることでもよかった」と語った

コロナで政権を投げ出した安倍前首相が「ポストコロナ経済政策」を考えるだって?

コロナで政権を投げ出した安倍前首相が「ポストコロナ経済政策」を考えるだって?

行動原理はトランプ米大統領と同じ(安倍前首相、11日)/(C)日刊ゲンダイ

選挙の敗北を認めず、グダグダと権力の座に居座り続けているトランプ米大統領と行動原理は同じ。11日に自民党の「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任した安倍前首相のことだ。

 ポストコロナの経済政策を考える、なんてよくぞ言えたもの。そのコロナによって立ち往生し、2度に渡る「政権ブン投げ」という前代未聞の大失態を演じたのは他ならぬ安倍前首相だったのではないか。「療養」と言って責任をすべて他に押し付けて雲隠れしていたのかと思いきや、ほとぼりが冷めた頃合いを見てチョロチョロと顔を出してくるのだから、恥知らず以外の何物でもない。

 米国であれば、とっくに「お前はクビだ」の大合唱が起きているだろう。

 安倍前首相は議連の冒頭あいさつで、これまた大失敗に終わった「アベノミクス」についても言及。今まで一度も達成していない「物価上昇率2%」について、「目標として掲げたが、正しく言えば2%以下で安定させることでもよかった」なんて言っていたからクラクラする。「正しく言えば2%以下でもよかった」とは一体何なのだ。

「大失敗」したのに絶対に認めない。自分に都合のいいように解釈やルールを好き勝手に変える姿勢は相変わらずだ。なるほど、どうりで、いつまでも「俺は選挙に勝った」と叫んでいるトランプ大統領と仲良しなわけだ。

 3度目の首相当番なんて事態になったら悪夢そのもの。盟友のドナルドと一緒にバンカーを転げ落ちながらゴルフをやっていた方が国民のためだ。

関連記事(外部サイト)