菅首相はコロナ対策から雲隠れ「GoTo」見直しでも“逃げ恥”決め込む

菅首相はコロナ対策から雲隠れ「GoTo」見直しでも“逃げ恥”決め込む

コロナ対策から雲隠れ(C)共同通信社

「菅首相はどこだ!?」――20日、1日当たりの新型コロナウイルス新規感染者が全国で最多を更新し3日連続で2000人を超える中、菅首相が新型コロナ対策から雲隠れしている。

 新型コロナに関する政府分科会の「Go To キャンペーン」見直し提言に対し、西村担当相も「早急に対応を検討する」と応じた。だが、肝心の菅首相は、21日からの3連休を前に記者会見で国民にメッセージを発することもなく、「顔」が見えない状況が続く。

 菅政権は16日に政府対策本部を開き、飲食店支援策の「Go To イート」について「5人以上は対象外」などと愚にもつかない制限を設けただけで、一連の「Go To キャンペーン」の見直しまでは踏み込まなかった。その後、同本部会合は開催されていない。菅首相にとって肝いりキャンペーンの見直しは打撃となりかねないだけに、“逃げ恥”を決め込んでいるのだ。

 そんな菅首相は20日夜、APEC首脳会議にオンラインで出席し、来年夏の東京五輪について「安全、安心な形で開催するため全力で取り組む」など語っていたから、国民は救われない。

関連記事(外部サイト)