安倍前首相を特捜部聴取 「知らなかった」では済まない虚偽答弁の数々

安倍前首相を特捜部聴取 「知らなかった」では済まない虚偽答弁の数々

安倍前首相の国会発言は「秘書から聞いていなかった」レベルの虚偽答弁では済まない(C)共同通信社

安倍前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜の夕食会費用について、後援会が費用の一部を補填しながら政治資金収支報告書に記載していなかった問題で、東京地検特捜部が22日までに安倍氏本人から任意聴取していたことが分かった。

 夕食会は政治団体「安倍晋三後援会」が主催し、2013〜19年に地元支援者らが1人5000円の会費で参加。安倍氏側が実際の経費と会費との差額について補填していた金額は19年までの5年間で約900万円。立件対象となる不記載額は数千万円に上る見通しという。

 首相経験者が検察当局の聴取を受けるという前代未聞の疑惑。特捜部は、収支報告書の補填額不記載は安倍氏の公設第1秘書が中心となって決めていたとみているようだが、国会で計118回も虚偽答弁(衆院調査局調べ)していた安倍氏本人を形だけの聴取で終わらせていいはずがない。当時の国会発言をあらためて振り返ると、「秘書から聞いていなかった」レベルの虚偽答弁では済まないからだ。

 例えば、今年2月4日の衆院予算委。後援会として収支の有無を問われた安倍氏はこう答弁していた。

「何回も御説明をしておりますが、まさに当日、参加者がお金を支払い、そして、そこを、受け取るのはうちの秘書が受け取っているわけでございますが、そこにはホテル側も立ち会い、そして、ホテルのまさに領収書を、ホテル側が、これは決定的な違いでございますから何回も御説明をさせていただいておりますが、ホテル側が書いた、用意した領収書、これは手書きで5千円という金額を書き、日付を書き、そして担当者の名前を書き、摘要を書き、そしてそれを事務所の者がお渡しをし、預かった現金はその場でお渡しをしているということでございますから、出入金が発生していないということにおいては、これは政治資金規正法上、義務がないということでございます。また、必要がないということでございます」

 ホテル側が立ち会い、手書きの領収書に日付と担当者の名前を記入し、現金をやり取りしているから問題ない――。つまり、安倍氏は夕食会当日の会費のやり取りについて詳細に説明していたわけで、肝心要の補填の有無について秘書から知らされていなかったとは考えにくいのだ。

 そして同じ2月17日の衆院予算委では、立憲民主党の小川淳也議員が「きちんと総理の立場から、改めてホテルに、総理がみずからの疑念を晴らすために確認をしたいこと、それをきちんと御質問で投げかけていただき、その回答を改めて委員会に提出をしていただくように、重ねてになりますが、要請します」と求めると、安倍氏は色をなしてこう反論していた。

「私が嘘をついているというのであれば、嘘をついているということを説明するのはそちら側ではないのか」

 国会答弁を振り返る限り、安倍氏は確信犯的に嘘をつき続けていた疑いが強い。特捜部は実行犯の公設第1秘書のみならず、“主犯”が誰だったのかを解明し、刑事責任を問うべきだ。

関連記事(外部サイト)