国会で118回も嘘を!安倍前首相は「虚偽答弁のホームラン王」

国会で118回も嘘を!安倍前首相は「虚偽答弁のホームラン王」

虚偽の答弁を繰り返していた安倍首相(当時/2020年3月撮影)(C)日刊ゲンダイ

総理大臣がこれだけ「嘘」を重ねていれば国会審議が成り立つはずもない。安倍前首相後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭をめぐる問題で、衆院調査局は21日、安倍氏が2019年11月〜20年3月の間、国会で計118回の虚偽答弁をしていたことを明らかにした。

 前夜祭をめぐっては安倍氏側が、実費と会費(1人5000円)の差額を補填しながら、政治資金収支報告書に記載していなかった事実が発覚。立憲民主党がこれまで安倍氏が国会で繰り返し主張していた「事務所の関与はない」「補填はしていない」といった、事実と異なる発言の調査を衆院調査局に依頼したところ、衆参本会議と両予算委の計33件の答弁で118回の「嘘」があったという。

 国権の最高機関で平然と嘘をつき続ける姿勢には呆れるというよりも怒りしか覚えないが、同じく安倍氏が首相時代に関わった森友問題でも虚偽答弁が相次いでいたことが分かっている。

 立憲民主党の川内博史議員が衆院調査局に対し、2017年2月15日から18年7月22日までの間、森友問題をめぐる衆参両院の国会質疑と、財務省の調査報告書や会計検査院が参院予算委に提出した報告内容の異なる答弁の確認調査を依頼。11月24日の衆院財務金融委で調査局が明らかにしたところによると、報告と異なる答弁が51回確認され、計139回の虚偽答弁が判明したという。

 内訳は財務省の佐川宣寿理財局長が108回だったほか、中尾睦理財局次長が12回(ともに肩書は当時)、麻生太郎財務相が3回などだ。佐川氏の虚偽答弁108回も驚きだったが、今回の安倍氏はそれを上回る118回だったから、まさに安倍氏は「虚偽答弁のホームラン王」と言っていいだろう。

 森友、桜問題でこれだけの虚偽答弁が見つかるのであれば、加計学園獣医学部新設をめぐる疑惑や、陸自の南スーダンPKO派遣日報の隠蔽問題、菅政権下での学術会議会員拒否問題などの答弁でも多くの虚偽が見つかるのではないか。

 安倍・菅政権で日本の民主主義は崩壊まっしぐらだ。

関連記事(外部サイト)