前代未聞“米議会クーデター未遂” トランプ氏に待ち受ける造反ドミノと罷免

前代未聞“米議会クーデター未遂” トランプ氏に待ち受ける造反ドミノと罷免

世界が驚愕(米ワシントンの連邦議会議事堂内に乱入し、暴徒化したトランプ大統領の支持者ら)/(C)ロイター

6日(日本時間7日)に発生した米首都ワシントンの連邦議会での騒乱に世界が驚愕した。米大統領選の投票結果を認定する上下両院合同会議が開かれた直後、暴徒化したトランプ大統領の支持者が議会内部に乱入。4人が死亡、50人以上が逮捕される惨事となった。事件の「引き金」を引いたトランプ氏に待ち受けるのは弾劾・罷免だ。

 トランプ大統領はこの日、選挙結果に抗議するためホワイトハウス前に集まった支持者らに向けて演説。「われわれは(大統領)選挙で地滑り的勝利を収めた」「あきらめないし、譲歩などしない」と強調した。議事堂への行進を訴え、乱入騒ぎのキッカケをつくったのだ。

 暴動は州兵によって鎮圧されたものの、トランプ氏の責任を問う米メディアや民主党議員からはトランプ氏の呼びかけが「反乱教唆」や「扇動」にあたるとの批判が続出。民主党議員がトランプ氏弾劾法案を準備し、訴追を求める声が広がっている。国際ジャーナリストの春名幹男氏がこう言う。

「憲法に基づく手続きを物理的に妨害しようとした、米国史上に例のない愚劣な事件です。トランプ氏による自作自演のクーデター未遂と言ってもいいでしょう。トランプ氏はまだ大統領ですが、バイデン次期大統領が20日に正式に就任するまでに、トランプ氏への弾劾はスピード決着する可能性があります」

反乱教唆や扇動の疑い

 大統領の弾劾は、下院の過半数で起訴。その後、上院の3分の2の同意で有罪となる流れだ。上院100議席のうち共和党が50議席を占めているため、弾劾を達成するには共和党議員の「寝返り」が不可欠である。

「トランプ氏は大統領選で7400万票を獲得し、その人気にあやかりたい共和党議員の支持は根強いとみられていました。しかし、今回の事件の直後、側近が次々と辞任しています。共和党はトランプ氏への弾劾に協力しないと、クーデター未遂を容認したと受け取られかねない。つまり、トランプ氏への追従はリスクが高いのです。党の存続や良識派の支持を守りたい共和党議員が『造反』し、弾劾賛成に回る可能性は十分考えられます。米国史上初めて、大統領が弾劾によって罷免・処罰されるかもしれません」(春名幹男氏)

 乱入後も暴徒を「愛している」「あなたたちは特別だ」などと称賛したトランプ氏。その責任はあまりにも重い。

トランプ側近閣僚が離反 辞任ドミノ始まる

 トランプ氏が演説で支持者に連邦議会議事堂に向かうようあおったことへの反発が、政権内に広がっている。

 トランプ支持者が議事堂に突入した際、大統領選の投票結果を認定するため上下両院合同会議が開かれていた。ジョージア州の上院選の決選投票で敗北が決定的となったばかりのケリー・レフラー上院議員はバイデン氏の勝利を認めないとしていたが、突入を受け、姿勢を翻して「勝利を認める」と表明した。

 閣僚の辞任ドミノも始まった。対中政策を主導するポッティンジャー大統領副補佐官(国家安全保障担当)が辞任。オブライエン補佐官(同)も辞任を検討しているという。

 また、大統領首席補佐官代行だったマルバニー英領北アイルランド担当特使も辞任を表明。マシューズ大統領副報道官とメラニア・トランプ大統領夫人のグリシャム首席補佐官も6日、辞任を表明。他にリデル次席補佐官も辞任を検討しているという。

関連記事(外部サイト)