親友トランプは今や犯罪者扱い…安倍前首相は何を思う?事務所に聞くと

親友トランプは今や犯罪者扱い…安倍前首相は何を思う?事務所に聞くと

「信頼できる指導者だ」と持ち上げていた安倍前首相(代表撮影)JMPA

大統領任期中に2度目の弾劾訴追となれば前代未聞だ。

 米下院民主党は11日、トランプ大統領が支持者らによる連邦議会議事堂の襲撃・占拠事件を扇動したとして、トランプ氏を罷免するため弾劾訴追決議案(起訴状に相当)を提出した。

 弾劾訴追決議案では、トランプ氏が昨年11月の大統領選での敗北に関し「大規模な不正の結果であるとする虚偽の主張を繰り返した」と断じたほか、今月6日の上下両院合同会議の集会の直前、ホワイトハウス前で支持者らに対し「反乱を扇動した」「在任させると国家安全保障、民主主義と憲法への脅威となる」と強調。弾劾決議案の本会議での採決は早ければ13日に行われ、過半数の賛成でトランプ氏は弾劾訴追される。

「お前はクビだ」。バラエティー番組の司会者で注目を集め、米国第一主義を掲げて大統領の座に就いたトランプ氏。「偉大な米国を取り戻す」とも言っていたが、結局、この4年間の“実績”は「米国民の分断」と「民主主義の破壊」だったと言っていいだろう。すでに米国から「石もて追われる」状態だが、そんなトランプ氏と「親友」だったのが安倍前首相だ。

 トランプ氏の大統領就任が決まるや否や、ゴルフクラブを土産品に持参してトランプ氏を訪ね、早々に「信頼できる指導者だ」と持ち上げていた安倍氏。各国首脳がトランプ氏に対して冷ややかな視線を送る中でも、「ドナルド」と親しみを込めて呼び、仲良くゴルフを楽しんでいたのは記憶に新しい。

 一方、トランプ氏も昨年8月に安倍前首相が辞任を表明した際、「我々は素晴らしい関係にあり、辞任を本当に残念に思う」「首相は私の大の親友であり、素晴らしい男だ」と記者団に語っていた。

 まさに大親友と言っていいトランプ氏が今や“犯罪者扱い”され、弾劾訴追されるのだから、安倍氏にとっても自分のこと以上に苦しいはずだ。親友であれば相手がピンチの時こそ助けたいと思うだろう。果たして安倍氏は今、窮地に立たされているトランプ氏をどう思っているのか。

 トランプ氏が大統領を退任する際には「今でも大好きだよ ドナルド!」なんてコメントを出すのか。安倍事務所に問うと、「紙(質問用紙)を送ってください」と言っただけで、回答は得られなかった。

 君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず――。

関連記事(外部サイト)