幹事懇、衆院憲法審「8日開催」合意=立・共反発で実現不透明

 衆院憲法審査会は2日、今国会初の幹事懇談会を開き、8日に審査会を開催する日程で合意した。憲法改正国民投票の利便性を高める国民投票法改正案に関する質疑を続行する。ただ、立憲民主、共産両党は幹事懇を欠席。「一方的に進めるのは断じて許せない」と反発しており、実際に開けるかは不透明だ。 【時事通信社】