大阪・兵庫・宮城、5日から「まん延防止」=菅首相、状況次第で対象拡大方針

 新型コロナウイルス対策の特別措置法に規定された「まん延防止等重点措置」の適用が5日、大阪、兵庫、宮城の3府県で始まった。飲食店に午後8時までの営業時間短縮を要請するなど集中的な対策を講じる。菅義偉首相は4日、フジテレビの番組に出演し、感染状況次第で対象地域を広げる方針を示した。

 まん延防止措置適用は初めてで、期間は大型連休が終わる5月5日までの1カ月間。具体的には大阪市と神戸市、その間に位置する兵庫県の西宮、尼崎、芦屋各市と仙台市の計6市が指定された。

 ただ、新規感染者は全国規模で増加傾向にあり、政府は警戒を強めている。首相は番組で、まん延防止措置の対象拡大について「必要ならちゅうちょなく、と思っている」と表明した。

 焦点の東京都への適用に関しては、都が要請すれば「専門家と状況や見通しを相談する中で判断していきたい」と説明した。 【時事通信社】