拉致解決、政府に署名提出=UAゼンセン

拉致解決、政府に署名提出=UAゼンセン

UAゼンセンの松浦昭彦会長(左)から拉致問題の早期解決を求める署名を受け取る加藤勝信官房長官=5日午後、首相官邸

 加藤勝信官房長官は5日、連合傘下の産業別労働組合、UAゼンセンの松浦昭彦会長らと首相官邸で面会し、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決を求める85万筆超の署名を受け取った。加藤氏は、16日に予定される日米首脳会談を通じて、「(バイデン米大統領と)拉致問題解決に取り組んでいくことをしっかり話したい」と述べた。

 拉致被害者の松本京子さんは失踪当時、UAゼンセンの前身団体の組合員だった。署名は2011年から毎年提出し、今年は過去最多を更新した。 【時事通信社】