自民、尖閣防衛の提言了承=「必要なら法整備」

 自民党は6日の政調審議会で、沖縄県・尖閣諸島の防衛に関する提言案を了承した。海上保安庁や海上自衛隊が平時でも有事でもない「グレーゾーン事態」への対処力を強化するため、「必要があれば法整備も検討」するよう求めている。週内にも政府に提出する。

 提言には、▽自衛隊と米軍による共同訓練への海保の参加▽海保と海自の人員・装備の増強▽中国海警船の尖閣周辺での活動実態について国際社会に積極発信―なども盛り込んだ。 【時事通信社】