東芝の安定経営重要=買収提案で加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は7日の記者会見で、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどが東芝に買収を提案したことに関し、「個別企業の案件であり、政府がコメントすることは差し控えたい」と述べた。その一方で、東芝が原子力事業などを持っていることを念頭に「わが国の経済、社会にとって重要な事業については、事業を安定的に継続できる経営体制が構築、維持されることは重要だ」と指摘した。 【時事通信社】