選手の安全・安心を確保=東京五輪・パラで―加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに関し、「アスリートの安全・安心を確保する方策については、国際オリンピック委員会(IOC)などの議論を注視していきたい」と語った。政府が東京大会に出場する日本人選手への新型コロナウイルスワクチンの優先接種を検討しているとの一部報道については、「現時点で、政府として具体的な検討を行っている事実はない」と述べた。 【時事通信社】